スキンケアの基本!化粧水・美容液・乳液の正しい塗り方をおさらい

スキンケアの基本!化粧水・美容液・乳液の正しい塗り方をおさらい

毎日欠かさず行っているスキンケアですが、当たり前のように化粧水、美容液、乳液を使っているにもかかわらず、正しい順番や塗り方がわからない…という方もいるのでは? 正しい塗り方をおさらいしつつ、より効果的な塗り方などを見ていきましょう。

スキンケアに欠かせない化粧水・美容液・乳液、正しく使えてる?

美肌をつくるために欠かせない化粧水、美容液、乳液などのスキンケアですが、適当にさっと塗って完了!というケアでは、美容効果を最大限に発揮することができません。つける順番と効果的な使い方でより美肌にアプローチしちゃいましょう。

今更聞きにくい…化粧水・美容液・乳液をつける順番と効果的な使い方

一般的なスキンケアの順番は、化粧水→美容液→乳液。勘違いしやすいと言われているのは、美容液と乳液の順番です。乳液には油分が多く含まれているため、乳液を先に塗ってしまうとせっかくの美容液を弾いてしまい、浸透しにくくなってしまうため、必ず美容液を先に塗りましょう。

化粧水の正しい塗り方は、たっぷりの化粧水をバシャバシャ使うほどいい、と思いがちですが、一気に大量の化粧水をつければいいという訳ではありません。手のひらに適量取って、2〜3回にわけて温めながらゆっくり肌に馴染ませていきましょう。手のひらで顔を覆うイメージで、額、あご、鼻や目の周りなども均等に優しくつけていきます。

よく化粧水をパッティングして浸透させるといい!ということを聞きますが、激しいパッティングをすると毛細血管が損傷して「赤ら顔」につながってしまうことも。肌はとてもデリケートなので、手のひらで温めるようにハンドプレスをしながら染み込ませてあげましょう。

美容液の正しい塗り方・効果を最大限に引き出すためには、美容液を手のひらに取り、指で円を描きながら体温で温めておきます。この一手間で、浸透力がアップするでしょう。そして化粧水と同じように2〜3回にわけて塗り、乾燥や肌悩みが気になる部分には重ねづけしていきます。

乳液の正しい塗り方・効果を発揮する方法は、化粧水と美容液を塗ってから3分ほど放置し、確実に肌に浸透したのを確認したあとに乳液を塗っていきましょう。もっちり肌になりたいなら、コットンより手のひらがおすすめです。つけすぎるとベタつくので、温めながら少量ずつ伸ばしていくのがコツですよ!

正しいスキンケアと効果的な塗り方でぷるぷる肌に

スキンケアの手順や塗り方は、面倒なようでも習慣になれば続けられるでしょう。高価な化粧水や美容液、乳液を購入したら、より効果的に使いたいですよね。

ゆっくり優しく馴染ませる丁寧なスキンケアで、よりぷるぷるのお肌を目指してみてはいかがでしょうか?

関連記事