美しさは食べ物から!体に悪い油を見極めて健康を維持しよう!

美しさは食べ物から!体に悪い油を見極めて健康を維持しよう!

普段、料理をするときにどんな油を使っていますか?油は健康にとって必要なものですが、その種類は植物性や動物性などさまざまな種類があります。なかには体に悪い油もあるため、選び方はとても重要です。油の種類によって体にどのような影響を与えるのでしょうか。

体に悪い油はどのような影響を与えるのか?

料理をするときには欠かせない油ですが、細胞膜を作るなど、私たちのエネルギー源としても、とても重要な役割を担っています。あまり気にしたことがないという人も多いかもしれませんが、油には原材料のほか抽出方法などもさまざまで、たくさんの種類が存在します。どのような点に注意して油を選べばいいのでしょうか?

注意すべき油といえば「酸化油」と「トランス脂肪酸」があげられます。酸化油は、その名の通り酸化しやすい油のことで、光や熱、空気などによって酸化します。たとえば、えごま油や亜麻仁油などに含まれる「オメガ3系脂肪酸」と、サラダ油に含まれる「リノール酸」が代表格です。

これらは加熱処理されたときに、酸化油となってしまいます。体内に入ると細胞を傷つける物質へ変化していくと考えられています。動脈硬化やがんの原因にもなり得るほか、シミやシワとなる可能性もあるそうです。

一方、トランス脂肪酸はマーガリンやお菓子などの加工食品に含まれています。体にとって全く不要な油とされていて、むしろ害を与える油とも考えられています。動脈硬化やがんのほか、不妊症など影響は計り知れないと言われています。

なかでもトランス脂肪酸を多く含むマーガリンは、できるだけ摂取を控えた方が良いでしょう。

健康を考えて、どんな油を選べば良いの?

前述の「オメガ3系脂肪酸」は、実は健康にとってかなり優秀な油です。美肌効果や便秘解消、さらにはアレルギーの改善など、さまざまな効果が期待できる油と言われています。問題なのは、酸化しやすいこと。そのため、加熱調理に使用するのではなく、サラダやバゲットなどに生のままかけて摂取するのがおすすめです。

また、できるだけ光を通さない容器に入っていたり、短期間で使いきれるように、少なめの容量の油を選ぶことがポイントです。

何気なく使っている油ですが、たんぱく質や炭水化物と並んで、健康のために必要な三大栄養素の一つと考えれています。質にこだわって健康を維持したいですね。

関連記事