髪が濡れたまま寝るのはNG?乾かさないで起きるリスクとは?

髪が濡れたまま寝るのはNG?乾かさないで起きるリスクとは?

お風呂上がり、濡れた髪を乾かさずに寝てしまうことはありませんか?濡れた髪はなかなかすぐには乾かないので、疲れて早く寝たいときなどは面倒で乾かさずに寝てしまうこともありますよね。でも実は髪にとってはとても良くないことなんです。

濡れたままの髪で寝るリスクとは?

髪が濡れた状態は、キューティクルが開いた状態です。キューティクルは外部からの刺激を守る大切な役割を持っていますが、開いた状態にあると髪の内部にある水分やたんぱく質を失ってしまうと言われています。

さらに摩擦などでキューティクルが剥がれおちる可能性もあります。ツヤがなく、痛んだ状態になってしまい、枝毛などの原因にもつながります。そしてキューティクルは一度剥がれてしまうと元には戻らないそうです。

また濡れた状態の頭皮は、雑菌が繁殖しやすい状態にあります。頭皮にはもともと皮膚常駐菌という細菌がいて、外からの病原菌などから守ってくれています。髪が濡れたままの状態が続くと皮膚常駐菌の量のバランスが崩れ、フケやかゆみ、ニオイの原因になると考えられています。場合によってはニキビや皮膚炎といった頭皮のトラブルの可能性もあるそうです。

いかに濡れたままで寝ることが髪にとって良くないことかわかりますね。

濡れた髪の正しい乾かし方とは?

ドライヤーで乾かす時は頭皮から乾かすのがおすすめです。タオルで水気を拭き取ったら、ドライヤーを髪に近づけすぎないように注意して乾かしましょう。開いたキューティクルをできるだけ早くもとの状態に戻してあげることが大切です。

またドライヤーの使い方もポイントがあります。下から風を当てるとキューティクルが閉じにくく、髪がパサついてしまいます。そのため髪の根元から毛先へ向かってドライヤーの風を当てて乾かすようにしましょう。

ある程度乾いたら、冷風に切り替えて乾かします。キューティクルが閉じて髪にツヤが出やすくなります。


髪は女の命とも言われるほど大切なものです。寝る前の数分、髪を乾かすだけで美しい髪を保てるのなら、濡れたままにせず、ドライヤーでできるだけ早く乾かしてあげましょう。

関連記事