眠くて朝起きられない方におすすめ!目覚まし機能つき「睡眠計」!

眠くて朝起きられない方におすすめ!目覚まし機能つき「睡眠計」!

朝晩に秋の気配が感じられる季節になりましたが、あまりの気候の良さに、つい二度寝をしてしまい寝坊!というトラブルはありませんか? そんなお悩みをお持ちの方におすすめしたいのが「睡眠計」です。睡眠計がおすすめの理由とその特徴をご紹介します。

睡眠計って何?睡眠計がおすすめの理由

睡眠計という言葉を聞きなれていない方も多いと思いますが、睡眠計とは、自分が寝ている間の睡眠の状態を自動で計測・記録してくれるものです。

睡眠とは、深い眠りである「ノンレム睡眠」と浅い眠りといわれる「レム睡眠」がそれぞれバランスよくあることが理想とされています。ですが「朝起きるのが辛い」「日中どうしても眠たい」といった状態が続くときは、睡眠に関する何らかのトラブルがある場合も…。

例えば、睡眠時間は確保しているのに、深い眠りの時間が少ないなど、気がつかない問題が隠れていることもあるそうです。

そんなとき、ひとつの目安を示してくれると評判なのが「睡眠計」です。各メーカーによって計測できる機能は異なりますが、代表的な機能は、自分が寝入った時間を感知し、その後、眠っている間のレム睡眠・ノンレム睡眠を自動で計測してくれるというものです。

最近は、スマホやPCと連動して、数値がデータ化されるものも多く、自分の睡眠と向き合うきっかけになると注目を集めています。

睡眠計の目覚まし機能がおすすめ!どんな種類や機能がある?

睡眠計には、主に2つの種類があります。1つはベッドサイドなどにおいて、眠っている間の体動などをセンサーで測り眠りの状態を測定するものです。もうひとつは、腕時計のようなウェアラブルタイプで、歩数計や腕時計機能なども搭載したタイプです。

今回は、腕時計タイプの睡眠計の魅力的な機能についてご紹介します。

1. 目覚まし機能がすごい!
自分が設定した起きたい時間帯の中から、最も、目覚めやすい睡眠状態のときに、バイブレーションで起こしてくれる目覚まし機能を搭載したものがあります。無理なく目覚められると評判で、筆者も愛用中のおすすめのタイプです(※)。

2. 歩数計でスマートにダイエット
いわゆる万歩計機能を搭載しています。多くのメーカーでは時計の機能も搭載しているので、いつもの腕時計代わりに身につけるだけで、スマートに1日の歩数を計測できます。
中には、目標の歩数や活動量を設定すると、その数値に達したときに知らせてくれる機能があるものも!良い睡眠には適度な運動が必須といわれているので、睡眠計に有効な機能とされています。

3. 心拍数で活動量をチェック
心拍数で活動量などをチェックすることができるとされています。この秋からマラソンなど運動を始めようと思っている方にもおすすめです。

睡眠の秋、そしてスポーツの秋!睡眠計を身につけて、適度な運動とより良い睡眠で、気持ちいい秋を過ごしませんか。


※「目覚まし機能あり」と記載されていても、睡眠状態に関係なく、単にアラームとしての機能だけの場合もあるので、詳しくはメーカー公式サイトなどで確認しましょう。

関連記事