あなたはペンシル?リキッド? アイライナーの特徴とポイント

あなたはペンシル?リキッド? アイライナーの特徴とポイント

目元を強調してくれる「アイライン」を上手に入れるのって難しいと思っている人は少なくないはず。アイライナーには、ペンシルタイプ・リキッドタイプ・ジェルタイプ等、色んな種類があるので、今回はそれぞれの特徴と、入れ方のポイントをまとめてみました。

アイライナーの主な種類と特徴について

【ペンシルタイプ】
ペンシルタイプは、鉛筆タイプと、芯をくり出して使うカートリッジタイプがあり、芯には固め・柔らかめがあります。初心者でも失敗しにくく、使いやすいと言われているのがこのペンシルタイプです。
ペンシルは時間が経つと崩れてきやすいのですが、滲んでしまったり、ガタガタになってしまったりと失敗した時でも、綿棒などを使えば簡単に修正できるでしょう。ぼかしやなじませもしやすいです。

【リキッドタイプ】
液体で筆ペンのようになっているのがリキッドタイプ。シャープでくっきりとした目元にしたい時におすすめです。自由にラインの太さを調整することが可能で、汗をかいても落ちにくいです。優しくすーっと引いていくのがコツです。
ペンシルタイプよりもリキッドタイプの方がより細かい表現が可能になりますが、初心者にはまっすぐきれいにラインを入れるのが少し難しいでしょう。ぼかしを入れるには同系色のアイカラーを上から重ねる必要があります。

【ジェルタイプ】
ジェルタイプには、ジェルを芯にしたカートリッジタイプと、筆にとって入れるタイプがあります。固体と液体の中間のようなジェル状になっており、ラインがなめらかに引けて、ぼかしも綿棒などで簡単にできるでしょう。
柔らかい印象の目元も、シャープな印象の目元も、ラインの入れ方ひとつで作れますよ。肌に密着して滲みにくいですが、ペンシルやリキッドと比較すると、消耗が早いものが多いそうです。

こんなタイプのアイライナーもあります

【パウダータイプ】
アイシャドウのような粉状のタイプです。ぼかしが効いた、ナチュラルなラインを入れることが可能。様々なアイライナーの中でも、最も自然な仕上がりになるでしょう。また、アイシャドウとのグラデーションも簡単につけられます。

【クリームタイプ】
クリームタイプは、発色が良く、伸びが良いのが特徴です。保湿力もあるので、他のアイライナーとは一味違った質感になります。滲みにくいのも嬉しい特徴です。

アイライナーにも様々なタイプがありますね。それぞれの特性を知って、上手に使い分けられるようになると、メイクテクの幅も広がるでしょう!

関連記事