衝撃⁉︎ 豆電球で寝ると太る⁉︎ 真っ暗の方がダイエットに良いわけ

衝撃⁉︎ 豆電球で寝ると太る⁉︎ 真っ暗の方がダイエットに良いわけ

みなさんは寝る時に部屋を暗くしていますか?それとも豆電球にしていますか?どちらでも安眠出来ていると思っていたのですが、どうやら豆電球はダイエットには向いていないようです。今回は、暗闇の方がダイエットに向いている理由をご紹介いたします。

豆電球がダイエットに向かず真っ暗が良い理由とは

寝る時に暗闇が苦手で豆電球をつけている人は多いと思います。しかし、その豆電球が睡眠の質を下げ、なおかつダイエットにも不向きと言われています。

暗闇の時には、私たちの脳内には「メラトニン」というホルモンが分泌されます。この「メラトニン」というのは、生体リズムの調整のほか、不眠症、うつ病、認知症、がん、高血圧などを予防する効果などが報告されています。この私たちの生活に欠かせないメラトニンが、豆電球の微かな明かりだけで作られにくくなるというデータがあるのです。

奈良県立医科大学が528人を対象に行なった実験では、豆電球をつけて寝た人は、真っ暗にして寝た人よりも約1.9倍ほど中性脂肪の数値が高く、その多くは肥満の状態になっているという研究結果が出ました。
ダイエットや健康のためには豆電球を消し、真っ暗にして寝た方が良さそうですね。

※参考:奈良県立医科大学の研究
「夜間の豆電球使用が肥満・脂質異常症のリスクになる可能性を示唆 」
http://www.naramed-u.ac.jp/pdf/news/2013/250109Endocrine-News.pdf

それでも真っ暗が苦手な人はどうしたら良いの?

明るさの値を示す「ルクス」という単位があります。豆電球はおよそ9ルクスで先ほどの奈良県立医科大学の研究によりますと3ルクス未満であれば、肥満になりにくいという結果でした。

ロウソクを20cm離れたところから計測しても10〜15ルクスほどあるので、3ルクス未満の明かりというのはかなり難しい条件です。ただ、ルクスというのは光源の単位ですから、1つの明かりが照らす面積が大きくなればルクスも小さくなります。つまり3ルクス以下の照明を作るには、なるべく足元から遠いところにフットライトなどの小さな明かりを置くのが良さそうです。アロマオイルを垂らせるタイプのフットライトもありますので、好みの香りを垂らしてリラックスしながら寝るのも良いでしょう。

真っ暗が苦手…な人は、ぜひフットランプを試してみてくださいね。

※参考:大阪市立科学館学芸課(2006)『こよみハンドブック』大阪市立科学館/照度と明るさの目安
http://photon.sci-museum.kita.osaka.jp/publish/text/koyomi/66.html
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事