たった「3ステップケア」で茶色のどんよりクマを改善できる!?

たった「3ステップケア」で茶色のどんよりクマを改善できる!?

目の下に茶色のクマができているとメイクをしてもどんよりと暗い印象になってしまい、実年齢より老けて見られがち。クマにはあらゆる種類がありますが、茶色のクマはたった3ステップケアで徐々に改善できると言われているのです。

茶色のクマの原因とケアのポイントって?

目の下にクマができると気分も沈みがち。茶色っぽいクマの原因は、紫外線によるダメージや目の擦りすぎ、乾燥によるかゆみやアイメイクの落とし忘れなどがあげられます。特に紫外線を浴びすぎたり、目を擦りすぎたりすると、メラニン色素が大量に作られて色素沈着を引き起こし、茶色のどんよりとしたクマになっていくと言われています。

厄介な茶色のクマですが、クレンジング・保湿・紫外線対策のたった3ステップをコツコツと持続していけば、次第に改善することが期待できますよ。早速見ていきましょう!

茶色のクマを改善する3ステップケアとは?

茶クマをケアするには、クレンジング・保湿・紫外線対策の3つが基本。落ちにくいアイライナーやウォータープルーフマスカラ、ラメ入りのクリームシャドウなどは、クレンジングをしてもなかなか落ちないことが多く、メイク汚れが残ったままだと色素沈着につながってしまいます。

アイメイクは、ポイントリムーバーをコットンに含ませて優しくオフしてから、まぶたのキワにもメイク汚れが残っていないか綿棒を使ってチェックしていきましょう。洗顔は、たっぷりの泡を立てて目元を擦らずに優しいタッチで洗います。目元は特に乾燥しやすいので、保湿成分が多く含まれたクレンジングや洗顔料がおすすめですよ。

メイクをしっかり落としたら、すぐに保湿ケアに取り掛かります。顔全体に化粧水をなじませたら、目元専用美容液やアイクリームを使ってマッサージをしながら保湿をしていきましょう。茶色のクマには、ビタミンC誘導体などの美白成分が含まれた化粧水や美容液を使うと効果的。

目の下のクマには紫外線対策も欠かせません。紫外線は肌を酸化させたり、光老化につながったりするので、日焼け止めを塗って紫外線を防ぎましょう。特に目元の紫外線ケアは忘れやすいので、紫外線カット力のあるパウダーファンデーションや下地をしっかり目の下に塗っておくことをおすすめします。

茶色のクマ対策をして透明感のある明るい目元に!

茶色のクマは、クレンジング・保湿・紫外線対策がキーワード! 色素沈着をなんとかしたいからといって、無理にピーリングをすると薄い目元の皮膚に負担をかけてしまうため、あまりおすすめできません。

毎日の丁寧な3ステップケアをコツコツ続けて、明るい目元を手に入れてみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事