美しい指先には「ネイルオイル」が欠かせない!正しい使い方って?

美しい指先には「ネイルオイル」が欠かせない!正しい使い方って?

ネイルをして煌びやかな指先でも、ささくれや手荒れなどで指先がボロボロでは魅力も半減してしまいますよね。大切な日に指先がボロボロで焦ってしまう前に、日頃からネイルオイルを使ってより美しいネイルと指先をキープしておきましょう。

綺麗な指先をキープするなら、ハンドクリームよりもネイルオイル!

ネイルオイルじゃなくてハンドクリームを使って爪のケアをすればいいのでは?と思いがちですが、ネイルオイルは、天然由来の植物オイルやエッセンシャルオイルなどが配合されており、ささくれや手荒れなどに対して刺激が少なく、スッと浸透していきます。

ハンドクリームはベタつきが気になったり、爪に馴染みにくいため、指先やネイルケアをするなら断然ネイルオイルがおすすめです。

ネイルオイルの魅力と正しい使い方って?

ネイルオイルは、二枚爪やささくれなどの爪や指先のトラブルを防いでくれたり、ジェルネイルなどの繰り返しで薄くなってしまった爪を丈夫にしたり、爪の周辺の皮膚を健康的にしてくれたりといった効果に期待できます。

ささくれができやすい爪の周りの皮膚は、とてもデリケートで乾燥しやすいパーツなので潤いを与えてあげましょう。

ネイルオイルの正しい使い方は、まずネイルオイルを塗る前によく手を洗って油分をオフしておきます。ハンドクリームとネイルオイルのどちらを先に塗ればいいか迷いがちですが、ハンドクリームを先につけてしまうと、さらっとしたネイルオイルが浸透しにくくなってしまうため、なにもつけていない状態で先にネイルオイルを塗りましょう。

週に1〜2回ほどは、ネイルオイルを塗る前にぬるま湯に指先を浸して柔らかくしてから甘皮処理をすることをおすすめします。ぬるま湯に浸しておくと、甘皮が自然に柔らかくなるので綿棒やウッドスティックを使って優しく取り除けばOKです。

そしていよいよネイルオイルの出番!爪の生え際を中心にネイルオイルを塗って、指先でマッサージしながら爪と指全体にネイルオイルを塗りこんでいきます。しっかりネイルオイルが馴染んだのを確かめたら、いつも通りハンドクリームを重ね塗りし、手全体の保湿を行いましょう。寝る前はナイトグローブをしておくと翌朝しっとりとした美しい手になっているはずですよ!

ネイルオイルで艶やかな指先へ

ネイルオイルには、マニキュアのような筆がついているものや、手軽に使える筆ペンのようなもの、チューブタイプやロールオンタイプものなど様々な種類があります。

ネイルオイルは見た目も香りも楽しめるので、何種類か用意しておきその日の気分に合わせて使い分けるのもおすすめですよ。

関連記事