味噌汁に〇〇をプラスで減塩!?簡単でおいしい「乳和食」3選

味噌汁に〇〇をプラスで減塩!?簡単でおいしい「乳和食」3選

過剰摂取に気をつけたい「塩分」。コンビニやファーストフードなど外食で多くなってしまうことは有名ですが、実は家庭で作る和食料理も塩分過多になりやすいことをご存知ですか? そこで今回は、定番の和食料理に牛乳をプラスするだけで減塩が叶う「乳和食」についてご紹介します。

減塩&味をワンランクUPの「乳和食」♪

「乳和食」とは、ずばり「和食×牛乳」を組み合わせた料理のこと。ヘルシーなイメージの和食でも、塩だけでなく醤油や味噌、だし調味料など家庭で使う身近な調味料にも塩分が含まれているため、実は塩分過多になりがち。乳和食はこれらの調味料を減らしながらコクと旨味UPが叶うため、塩分のカットが可能というわけです♪

乳和食の簡単アレンジレシピ3つ

いつもの1品にちょっぴりアレンジを加えるだけで完成する乳和食。早速、定番料理をおいしくヘルシーに仕上げるアレンジポイントをご紹介します。

1. マンネリ打破!「ミルク味噌汁」

手軽な乳和食としておすすめしたいのが「ミルク味噌汁」。マンネリしがちな味噌汁も、牛乳を加えることでグッとオシャレで、まろやかな味わいに大変身します。
アレンジの方法は、最後に加える味噌を2/3程度に減らし、出汁ではなく牛乳で溶くだけでOK! 牛乳の目安量は出汁の1/4程度。まろやかなミルク味噌汁は少量の味噌でもコク深く仕上がりますよ♪

2. 失敗知らず! 「ミルク煮魚」

肉料理と比べハードルの高い魚料理。中でも煮魚は、味が濃くなり過ぎるほか、パサついたりとコツが掴みにくいという方も多いのでは? そんなお悩みも、牛乳を使えばあっという間に解決! アレンジポイントは、出汁の代わりに牛乳を使って弱火でじっくり煮込むこと。味噌やみりん、醤油などその他の調味料は半分でOKなので減塩できます。それだけでなく、牛乳パワーで魚の臭みがとれ、ふっくら柔らかに仕上がりますよ♪

3. カロリーカット! ミルクポテトサラダ

マヨネーズを使うからとダイエット中にポテトサラダを控えている方はぜひ、ジャガイモを水ではなく牛乳で茹でる「ミルクポテトサラダ」に挑戦してみてください♪ 茹で上がりに小さじ1杯のお酢を加えながら水分を飛ばすと、マヨネーズで和えたようなしっとりとした口当たりに。減塩はもちろんのこと、カロリーカットもできますよ♪

おいしさをUPしながら減塩が叶う「乳和食」。いつもの料理に牛乳をプラスするだけ、という手軽さも嬉しいポイントなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

お話を伺ったのは...
平林玲美(体質改善ダイエットアドバイザー/フードアナリスト)
食」に恋するダイエットアドバイザー。トレンドに囚われず、身体本来の機能を高めて内側から美しくなれる食事法を普及すべく活動中。食にまつわる美容・健康情報や、今日から取り入れられる簡単ダイエットテクを発信する他、体質改善を目的とする独自ダイエットメソッドの個別指導も行っている。
ブログ

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事