秋冬のスキンケアに使いたい!バームで全身うるうるもちもち肌に

秋冬のスキンケアに使いたい!バームで全身うるうるもちもち肌に

これから乾燥が気になる季節になってきましたね。乾燥を放っておくと、かゆみやごわつきなどの肌トラブルが起きてしまいがちなので、固形状で使いやすい保湿力抜群の「バーム」を活用して全身ケアをしてみませんか?

バームは秋のスキンケアにぴったりのアイテム

そもそもバームとは、美容オイルを固めた軟膏のようなもので、体温を加えると固形状だったバームがスッととろけてバターのように変化していきます。バームにも色々な種類があり、フェイスバーム、リップバーム、ネイルバームと、それぞれのパーツに合わせたバームを使うことでよりしっとりとしたボディに近づけるはず!

バームは肌に密着して保湿効果を発揮してくれるため、乾燥を感じやすい秋にぴったり。固形状なので持ち運びにも便利で、外出先で乾燥が気になったときにバームが大活躍してくれるでしょう。

バームを使ったスキンケア方法って?

バームはスキンケアのオイルやクリーム代わりとして使うことができます。洗顔後、化粧水で肌を整えて美容液をなじませたら、バームをパール大ほど手のひらに取り、両手で温めて伸びをよくしておきます。練ったバームを肌に塗り込む際、顔の下から上に向かって引き上げるように塗っていくとたるみ予防にもつながります。
また、洗顔後にたっぷりのバームを塗り込んで、蒸しタオルを顔全体に当てて温めたあと、軽くティッシュしてハンドプレスをすれば、簡単バームパックが完了します。

秋になり、乾燥によるメイク崩れが気になった場合は、バームを綿棒やコットンにつけて崩れた部分に馴染ませてから、ティッシュでオフしてファンデーションを重ねると肌がしっとり。朝のメイク仕立てのような肌に蘇るでしょう。

お風呂上がりには、乾燥が気になる肘やかかと、膝などにたっぷり塗り込んでからいつも通りボディクリームで保湿をするとツヤツヤのボディに近づけますよ。1つあるとかなり便利なバームで全身美しくなりましょう!

持っていて損なし!バームでもちもち肌に近づこう

バームは様々な種類があるので、自分に合ったテクスチャーや仕上がりのものをチョイスするといいでしょう。時間がない時もバームさえ塗っておけばしっかり保湿してくれるので、頼れるアイテムになること間違いなし。

バームで秋冬の乾燥に負けない肌作りにトライしてみてはいかがでしょうか。

関連記事