目やにが増えたら要注意?目やにの原因と目の病気の関係とは?

目やにが増えたら要注意?目やにの原因と目の病気の関係とは?

朝起きたら目の周りに、たくさんの目やにがついていることはありませんか?ひどいと目やにが固まって目を開けづらいこともあるほど。目やにが出る原因はさまざまですが、なかには目の病気が原因となる場合もありますので、注意が必要なのです。

目やにができる原因ってなに?

目やには、目に入ったゴミやウイルス、古い細胞などの老廃物を外に排出するときに分泌されるものです。普段は瞬きによって老廃物は涙道を通って鼻から喉へ流れていくそうですが、寝ているときは瞼を閉じているため瞬きによる循環ができないと言われています。そのため朝には目やにが溜まっていると考えられています。

目も体の代謝と同じように、古くなった細胞を入れ替えるため目やにが出ます。そのため、朝起きたときに目頭や目尻などに出る少量の目やにや、固まっているものなどは正常な代謝によってできた老廃物だと言われています。

また花粉やハウスダストなどの、アレルギーが原因で目やにが出ることもあります。目の結膜に炎症が起こることでできるのですが、アレルギーによる目やには、さらさらとした水状の目やにだそうです。

病気が原因で出る目やにってどんなもの?

目やにがドロドロしていたり、大量に出ているときは、目の病気が原因の可能性があります。

細菌に感染して引き起こす細菌性結膜炎は、緑色や黄色の目やにができやすいと言われています。結膜が充血して目にゴロゴロとした異物感を感じるそうです。

いつもサラサラとした目やにが大量に出てしまう人は、ウイルス性結膜炎の可能性があります。細菌性結膜炎と同じく、目に異物感を感じる症状がありますが、こちらは伝染性が強いため、周りの人に感染する可能性があるので注意が必要です。

目やにはどうやって予防すればいいの?

目やにの原因のほとんどは、細菌やゴミなどが目に入ることです。汚れた手で目をこすったり、部屋の空気が汚れていたりすることで不要な目やにができてしまいます。コンタクトレンズを使用しているひとは、つけっぱなしで寝ないなど、できるだけ目を清潔に保つことが大切です。

明日の朝、目やにがどんな状態か、ちょっと意識して見てみましょう。自分の目の健康状態を確認して、日常でできることを心がけていきたいですね。

関連記事