その爪、限界超えてない?爪が割れるのは栄養不足が原因かも

その爪、限界超えてない?爪が割れるのは栄養不足が原因かも

女子ならおしゃれなネイルアートが好きな人も多いですよね。でもあるとき爪が割れてしまうことはありませんか?せっかくのおしゃれも台無しですが、爪が割れる原因は栄養不足や乾燥などさまざまです。大事な爪を守るための対策をご紹介します。

どうして爪が割れるのか?

せっかく伸ばしていた爪が割れてしまった。そんな経験ありますよね。爪が割れる原因はさまざまです。たとえば食器を洗う洗剤。これも爪への刺激となって表面に細かな割れができてしまうことがあるそうです。

そしてマニキュアの除光液も爪への刺激が強いものです。爪の表面の水分を奪ってしまい、乾燥によって割れやすくなると言われています。爪は皮膚と違って皮脂を分泌する毛穴がありませんので、乾燥には注意が必要です。

もうひとつ原因としてあげておきたいのが偏った食生活です。爪は皮膚と同じたんぱく質でつくられているため、栄養バランスが偏ると爪が弱ってしまうと考えられています。

重要な栄養素はたんぱく質のほか、乾燥を防ぐためにビタミンA、さらに肌や粘膜を健康に保つ働きがあるビタミンBがあげられます。過剰なダイエットなどは栄養が不足して、爪がボロボロになる場合もあります。

また、爪が割れるのは病気の可能性も考えられます。二枚爪などの爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)のほか、爪にスジが入って割れたりする爪甲縦裂症(そうこうじゅうれつしょう)。さらに爪に水虫などが感染することで割れたりカサカサになったりする爪白癬(つめはくせん)などがあります。

爪が割れないようにするにはどうしたらいいの?

予防法はいくつかありますが、なかでもバランスの良い食事はとても重要です。前述のたんぱく質、ビタミンA、ビタミンBのほか、アミノ酸、カルシウム、亜鉛なども爪の成長、健康に欠かせない栄養素と言われています。

また、爪と爪の周りの乾燥には十分注意が必要です。保湿クリームを塗るときは指から爪の先までしっかりと塗るといいでしょう。

おしゃれな爪は健康な爪があってこそのものです。マニキュアをしない日をつくったり、爪に休息を与えたりすることも大切です。できるだけ爪に負担をかけずに、守りながらおしゃれを楽しんでくださいね。

関連記事