眉育してる?トレンドにあった眉毛にするためにできる育毛法!

眉育してる?トレンドにあった眉毛にするためにできる育毛法!

細い眉毛が流行っていたのも、今や昔。近年は自眉の毛を生かした少し太めの眉毛がトレンドですが、そもそも自眉がほとんどない!という人もいると思います。自眉はどのようにすれば育てることができるのでしょうか?

生えない眉毛を育てるにはどうしたらいいの?

すっぴんでほとんど眉がない、という人は多いのではないでしょうか。眉毛を処理しすぎてしまった人は、新しい眉毛がなかなか生えてきませんよね。個人差はありますが、実は眉毛のサイクルは5ヶ月の周期で発毛と脱毛を繰り返しているのだとか。

そのため、一度抜いてしまうとなかなか生えてきません。まず徹底したいのはとにかく抜かないこと。時間はかかりますが、処理せず一度眉毛を生やすことに集中させましょう。

あまり生えてこない人は眉毛美容液を使うのもおすすめです。メイクを落として洗顔後、美容液を眉毛の薄い部分に塗っていきます。毎日繰り返して眉毛が生えるのを待ちましょう。

また、洗顔方法についても注意が必要です。目元や口元は丁寧にクレンジングしていても、眉部分は雑に済ませている人は以外と多いようです。眉毛の毛穴に皮脂や汚れが詰まっていると眉毛の成長はなかなか進みません。しっかりと眉部分もクレンジングするように意識しましょう。眉毛は、肌が乾燥すると抜けやすくなるそうなので、洗顔後は保湿も欠かさずに。

眉育は内側から!眉毛を育てる栄養素とは?

眉毛を育てるのに栄養バランスも大切です。栄養素が不足すると毛根が細くなり、抜けやすくなっていきます。眉毛の成長サイクルはとても長いので、その途中で抜けてしまうと、いつまでも整いません。

眉毛は髪の毛と同じ、ケラチンというたんぱく質から作られています。肉や卵、さらに豆類などのたんぱく質の摂取は、眉育にとってとても大切な栄養素です。さらにビタミンB1、ビタミンB2も育毛に重要な栄養素で、たんぱく質も豊富に含む納豆などがおすすめです。

また、たんぱく質の代謝を促す亜鉛も摂取すると、より眉毛のサイクルを促進させる効果が期待できるでしょう。牡蠣やレバーなどの食材がおすすめです。

毎日の眉毛のクレンジングと栄養素を意識して、キレイな眉毛を生やしましょう!

関連記事