続ける毎にクリアな健康体へ!呼吸デトックスのやり方についてご紹介

続ける毎にクリアな健康体へ!呼吸デトックスのやり方についてご紹介

デトックスと言えば野菜・果物など食事内容の実践をはじめ、運動やお風呂で汗をたっぷりかくことで解毒に繋がるイメージが強いと思いますが、実は、やり方次第で呼吸からもデトックスできることはご存知でしょうか?

なぜ呼吸でデトックスできるの?

なぜ呼吸をするだけで体内の毒素をデトックスできるのでしょうか?気になるメカニズムについてチェックしていきましょう。

呼吸には大きな役割が2つあると言われています。一つはガス交換、もう一つは自律神経を整える役割があり、呼吸が浅くなることで様々な悪影響を及ぼす可能性があるそうです。呼吸が浅くなるとガス交換(※酸素を取り込み、二酸化炭素を排出する流れ)が追いつかないため十分な酸素が取り込めず、代謝機能が落ちてしまうことから排泄が滞りやすくなります。また、息を吸う時間が吐く時間より短くなると、交感神経にスイッチが常時入っている状態に…!交感神経が過度に優位になってしまうと、便秘・肩こりをはじめ、疲労感・倦怠感といった精神的不調なども引き起こすそうです。

一方、呼吸法により新鮮な酸素をたっぷり体内に取り込むことで肺胞の周りに絡みついた毛細血管から二酸化炭素が排出され、気体として口や鼻から吐き出される仕組みになっており、「息を吐くこと」に意識を傾ければ効率よくデトックス効果に期待できます。

【POINT】呼吸デトックスは安定しているならば寝ていても座っていても、どんな姿勢でも実践できるそうです。長く継続することが大切ですので、自分自身が最もリラックスできる体勢で行うことをおすすめします。

呼吸デトックスのやり方について

呼吸デトックスは口を上手に使って丁寧に息を吐くのがポイントと言われています。ゆっくり長く吐くことで副交感神経が優位になり、継続的に続けることでストレスに強い穏やかな体質に改善されていくそうですよ。

<呼吸デトックスのやり方>
1. まずは唇をぎゅっとすぼめます。
2. 舌を丸め、突き出します。
3. そのままゆっくりと空気を味わいつつスーッと深く吸っていきます。
4. 口を閉じ、鼻からフーッと丁寧に息を吐いていきましょう(※息を吸う時の2〜4倍の長さでじっくり吐きます)。

【POINT】呼吸デトックスは好きな時に好きなだけ実践してOK!気持ちを落ち着かせたい時、リフレッシュしたい時などちょっとしたスキマ時間を利用すると良いでしょう。ただし、食後すぐや体調の優れない時は控えることをおすすめします。

全身の循環を良くし、体内を浄化させながらじっくりとリラックスモードに切り替えてくれる呼吸デトックス。あなたもこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事