むくみの原因は?食べ物やマッサージで解消する方法

むくみの原因は?食べ物やマッサージで解消する方法

むくみは多くの女性を悩ませている症状です。特に足がむくむという人は多いですよね。そこで、むくみやすい食べ物・飲み物をはじめ、むくみに効果的なお茶、ツボ押しやマッサージ、サプリ、むくみ解消のためのレシピなどをご紹介します。

むくみの原因?むくみやすい食べ物とは?

生活習慣が原因となるむくみとは

足のむくみはよくおこるものですが、多くの場合は病気とは関係ないと言われています。仕事で長い時間座り続けているなど、同じ姿勢を長時間維持していることで、重力に従って体内の水分が下のほうに集まります。これが足がむくむ原因とひとつになるのです。むくみは足の筋力の弱い女性や、中高年の方に多くみられる症状です。この場合は適度な運動で足の筋力をアップさせることが、症状改善に有効だと言われています。
このほか暴飲暴食や塩分の過剰摂取、睡眠不足やストレスなどの乱れた生活習慣もむくみの原因となります。足のむくみがひどいと思う時には、自分の生活習慣を見直してみるといいかもしれません。

むくみの症状はほとんどの場合が一過性の物であるため、特に心配する必要はないことが多いですが、中には病気によるものもあるため、あまりに長引くようなら病院を受診された方が良いでしょう。

むくみの原因となる食べ物

●塩分が多い食べ物
塩分を過剰摂取してしまうと、血中の塩分濃度を下げるために体が水分を欲するようになり、のどが渇き、水をたくさん飲んでしまいます。こうした水分の過剰な摂取がむくみにつながるのです。
塩分が多い食べ物と言えばラーメンや味噌汁、インスタント食品やお菓子、ジャンクフードなど、私たちの身の回りにはたくさん溢れていますね。
濃い味付けの物はとてもおいしいですが、普段からなるべく薄味のもの摂れるように外食は控えたり、ラーメンやお味噌汁のスープは残すといった事を心がけておきましょう。

●アルコール
アルコールの摂りすぎもむくみの原因になります。仕事上の付き合いなど、どうしても飲む場面は多々あるかとは思いますが、むくみを改善したのであればなるべく飲まないようにする工夫が必要です。
例えば、飲み会が始まる前に常温の水を飲んでおく、お酒はチビチビと飲むようにする、アルコール以外の水やお茶もそばに置いて一緒に飲むようにする、おつまみはカリウムの多いものをなるべく多く食べる、ハメを外しすぎないということが挙げられます。
上記の事を頭の片隅に入れ、全部ではなくとも、ストレスなくできることだけ実行するだけでも、むくみの予防には効果を期待できるかもしれません。

●糖分が多い食べ物、飲み物
実はむくみには塩分だけではなく糖分の摂取量も関わってきます。糖分には水を溜めこむという性質があるため、過剰な摂取をすることでむくみにつながると考えられるのです。毎日ジュースやお菓子を欠かさず食べているという人は注意しましょう。

●身体を冷やす飲み物や食材
身体を冷やすことは血行不良に陥りやすく、むくみにつながってしまう可能性があります。そのためむくみが気になる人は、夏場でもできるだけ温かい飲み物を摂取するよう心がけましょう。また、夏野菜には体を冷やす効果のあるものが多いので、摂る際にはどんな野菜を選ぶべきか意識することが大切です。

むくみ解消に効く食べ物や飲み物は?

カリウムを多く含む食材

体内のミネラルバランスが大きく影響してくると言われるむくみの症状には、「カリウム」というミネラルの一種もとても重要になります。
塩分に多く含まれるナトリウムに、カリウムはとても深い関わりを持つため、むくみ予防にとても効果に期待が持てるのです。
体内でとても重要なミネラルであるカリウムは血液やリンパ液などの細胞外液に多く存在しており、カリウムは細胞内の体液である細胞内液に多く存在していると言われています。
カリウムはナトリウムを運ぶという役目を持っているため、ナトリウムを全身に運び、戻ってきてから体外に排出されます。
塩分を摂取しすぎてしまった場合もカリウムがナトリウムを体外へ排出してくれます。そのため、カリウムが不足してしまうとナトリウムが体外に排出されなくなってしまうため、体内に滞留してしまうのです。
ナトリウムには水分を取り込んでしまうという作用があるため、ナトリウムの体内濃度が高くなってしまうと水分も体内に多く取り込まれてしまうため、むくみの症状が現れると考えられています。このことから、カリウムを含む食材は、絶対摂取体内のミネラルバランスが大きく影響してくると言われるむくみには、「カリウム」というミネラルの一種が効果的だと言われています。
カリウムは、塩分に多く含まれるナトリウムと深い関わりをもっているため、むくみ予防に効果を期待できるのです。
体内において重要な働きをもつミネラルの一種、カリウム。カリウムは血液やリンパ液などの細胞外液に多く存在しており、カリウムは細胞内の体液である細胞内液に多く存在していると言われています。
カリウムはナトリウムを運ぶという働きをもっているため、ナトリウムを全身に運び、塩分過多の食事などが原因で過剰に摂取されたナトリウムは、カリウムによって体外に排出されます。
そのため、カリウムが不足してしまうとナトリウムが体外に排出されなくなり、体内に滞留してしまいます。 ナトリウムの体内濃度が高くなってしまうと、体はその濃度を薄めようと働き、水分も体内に多く取り込んでしまいます。こうしてむくみの症状が現れると考えられています。このことから、カリウムを含む食材は意識的に摂取していくべきだと言えるでしょう。
カリウムはアボカドやバナナ、海藻類に多く含まれています。き食材だと言えます。
アボカドやバナナ、海藻類に多く含まれています。

サポニンを多く含む食材

サポニンには利尿作用があるため、むくみの改善に効果的だと言われています。大豆をはじめとする豆類や、スイカやキュウリ、ウリ科の食べ物に多く含まれています。

ビタミンB1を含む食材

ビタミンB1は水溶性ビタミンの一種で、糖質の分解をサポートします。精米されていない胚芽米や、豚肉などに多く含まれているほか、豆腐やかぼちゃ、ごぼう、ほうれん草などにも多く含まれています。

むくみに効く食べ物で作るレシピを紹介

ほうれん草とアボカドのサラダ

●材料
サラダほうれん草 1袋
アボカド 1/2個
納豆 1パック (タレも使用します)
白ごま 大さじ1と1/2
オリーブオイル 大さじ1と1/2
しょうゆ 小さじ1
のり 適量

●作り方
1、サラダほうれん草を切ります。
2、ボウルにのり以外のすべての材料を入れ混ぜます。
3、お皿に盛って、のりを好きなだけ乗せたら完成です。

冬瓜わらびもち

●材料
冬瓜 お好みの量
黒蜜 適量
きな粉 適量

●作り方
1、冬瓜は皮と種をキレイに取り除きます。そして一口大に切ります。
2、なべに冬瓜を入れ、冬瓜が浸るくらいの水をいれて、透き通るまで茹でます。
3、茹で上がったら水をしっかり切って、冷蔵庫で冷やします。
4、しっかり冷えたら、黒蜜ときな粉をかけて完成です。

食べ物だけじゃない!むくみに効くお茶

利尿作用のあるハトムギ茶

ヨクイニンという名前の生薬としても有名なはとむぎ茶は、美肌のお茶として昔から重宝されていたと言われています。肌トラブルやイボ取りなどの効能が特に有名ですが、利尿作用があり、むくみの症状改善や予防にとても効果的を期待できます。

黒豆茶はノンカフェイン!

黒豆には「アントシアニン」という色素が含まれていて、私たちの身体にとって嬉しい効能が沢山あることで知られています。また黒豆の煮汁からは、アレルギー改善や血糖値の正常化の効果、便秘解消や貧血の予防といった様々な効果を期待できます。この黒豆の効能を効率よく摂取したいときに嬉しいのが、黒豆茶です。毎日の健康管理に役立つと言われており、ノンカフェインであるため子供から大人、妊婦さんも安心して飲めるお茶です。味も癖がなく、香ばしさと甘みがあり、とても飲みやすくなっています。ストレスなく毎日飲むことができそうですね!

黒豆茶にはカリウムが含まれているため、むくみの症状改善や予防に効果があると言われています。カリウムには体内の塩分濃度の調整をする働きがあるため、塩分の摂りすぎなどによる、ナトリウムの過剰摂取が原因のむくみの改善には特に効果を期待できます。

ミネラル豊富なルイボスティー

南アフリカに生息する低木の葉をお茶にしたのがルイボスティーです。近年ヨーロッパをはじめとする世界各地で美容に関する効能が注目され始め、女性に人気のお茶になりました。ノンカフェインであるため、子どもから大人、妊婦さんまで安心して飲めるお茶で、お茶の香りや色がとてもきれいなことも人気の理由のひとつになっています。
ルイボスティーには、亜鉛やマグネシウム、カリウムといったミネラルが豊富に含まれています。カリウムはむくみに効果的だと言われる働きを持っているほか、亜鉛にもホルモンバランスを正常化するという働きがあるため、女性特有の生理前のむくみの解消にも効果を期待できます。
また亜鉛やマグネシウムといったミネラルは、体内の代謝には必要不可欠だと言われています。亜鉛不足になると代謝が滞り、血流が悪くなって冷え性などを引き起こす可能性があり、そういった代謝の悪化はむくみの原因になる恐れもあります。
そういった点からも、ルイボスティーに含まれる栄養素はむくみ予防や改善に効果があると言われています。

食べ物だけでなく足のむくみにはツボ押しやマッサージも!

むくみに効果的なツボは?

●足三里
ひざの外側の筋肉が盛り上がっている箇所で、ひざから指3本ほど下がった場所にあるツボです。下半身のむくみ取りに効果的なツボで、その他には冷え性の改善や、足の疲労回復、胃腸の疲労回復にも効果的だと言われています。

●委中
ひざ裏のくぼみにあるツボです。リンパ節にも近いため、刺激することにより老廃物を流す効果も期待できます。

●承山
ふくらはぎの中心のラインと、ひざ裏からくるぶしまでの中間点が交差した場所にあるツボです。押すと少し痛みがあるかもしれません。このツボは腎臓の働きに効くと言われていて、足のむくみや、足の疲労回復に効果的だと言われています。

●太谿
くるぶしの内側のすぐ後ろにあり、少しへこんでいる部分にあるツボです。体内の水分調整を行い、代謝も促すと言われているツボで、むくみ改善に効果を期待できます。

●心臓
左足の足裏で、中指と薬指の間の指3本分下あたりにあるツボです。全身の代謝や血行を促す効果があるツボだと言われており、むくみ改善にはぜひ押しておきたいツボです。

●足心
足裏の土踏まずのへこみ部分にあるツボです。体内の水分調節をしてくれる効果や、腎臓の働きを正常化させる効果があると言われています。

ツボ押しマッサージ方法

まずは足三里から刺激していきましょう。親指の腹でゆっくりと押すようにして、筋肉をほぐしていくと良いと言われています。ヒールのある靴を履くことなどでがちがちに凝ってしまっていることが多く、ゆっくり優しく刺激するのがポイントです。
次に委中を押していきます。足のひざ裏に両手の親指がくるようにして、ゆっくりと力を入れて押し込みましょう。そのまま数秒止めて、パッと力を抜きます。これを何度か繰り返します。
くるぶしの後ろにある太谿は、とても敏感な場所であるため、力の入れ過ぎは禁物です。指の腹で優しく刺激してあげましょう。また、ツボ押しをするのと一緒に、足首も回してあげるとより効果的だちと言われています。
心臓は指を曲げて、指関節でピンポイントを力強く刺激します。指が痛くなってしまう方は、ツボ押し棒などを利用してもいいかもしれません。
そして最後に足心を心臓同様、しっかりと力強く刺激します。その後、ツボ周りも指で押すなどして足裏全体のツボも刺激しましょう。

食べ物で解消できないむくみにはサプリもおすすめ!

むくみに効果的だと言われる成分として主なものはカリウム、食物繊維、乳酸菌、ビタミンなどが挙げられます。
むくみに効果的なサプリはほとんどがダイエットにも効果を期待できるもので、排出系の栄養成分が多く含まれています。
まず気になるかもしれないサプリの価格ですが、これはサプリによって大きな開きがあります。当然のことながら価格が高いものは、栄養成分が豊富に入っていることが多いようですが、価格が高いからと言って、価格と比例して効果が得られるというわけではありません。むくみには人それぞれの生活習慣が大きく関係しているためです。
またサプリを探す時の注意として、価格や販売サイトに振り回されないことが大切です。一般的には、高価なサプリの方がむくみに有効な成分が多く含まれているため効きそうなイメージがありますが、口コミサイトなどでは「運動もしている」「食生活の改善をした」というコメントも見かけられます。生活習慣の改善とあわせてサプリを飲んでいるという場合も多く、価格が高いものが良いサプリだという思い込みは危険です。
サプリを選ぶ際のポイントとしてはサプリに有効な成分が入っているか、また食べ物から摂取しにくい成分などを中心に探すと、自分に合ったサプリが見つかるかもしれません。自分のむくみのタイプや生活習慣、価格など、総合的に判断してサプリの摂取を始めると良いでしょう。

サプリでむくみの改善をしていく場合は、カリウムや食物繊維が豊富に含まれているサプリを選ぶのがオススメです。価格が自分の生活に合うものを選んで試してみるといいかもしれませんね。また、本格的にむくみの改善をしたいと考えている方は、サプリの摂取に合わせて運動も積極的に取り入れるようにするとより効果を実感できるのではないでしょうか。


むくみは日常的に戦わなければいけない厄介な症状です。しかし毎日の食生活で少し意識を変えるだけでも、むくみを改善・予防することができると言われています。むくみに効果的な栄養成分を積極的に摂取して、なるべく外食は控え、味の濃いものは食べないといった食生活の工夫を行ってみると良いでしょう。
また体を動かすような習慣も取り入れられるとより効果を期待できます。
こういった生活習慣の見直しは、むくみの改善にも効果を期待できるほか、身体にとっても健康的な生活になるためスッキリするのではないでしょうか。ストレスを溜めない程度に生活習慣を見直し、時にはサプリを摂るなどしながら、むくみ改善をしていきましょう!

関連記事