【バスタオル枕を使ってできる】寝たまま姿勢力UPマッサージ

【バスタオル枕を使ってできる】寝たまま姿勢力UPマッサージ

バスタオル枕に寝たままマッサージ。筋肉を伸ばした状態でマッサージをすると、筋肉の奥まで刺激が届きやすいので筋肉が早くほぐれます!毎晩3分寝転んで、美姿勢に!

《できているようでできていない?まずは自分の姿勢を簡単チェック!》
■【肩こり、便秘、太りやすい】現代人を悩ます不調もみーんな悪い姿勢のせい!正しい姿勢で体が変わる!

《寝るだけで美姿勢&エクササイズ!バスタオル枕の作り方》
■【寝るだけ!寝転びエクササイズ】バスタオル枕で正しい姿勢になろう

寝たまま姿勢力UPマッサージ

◆バスタオル枕の上に寝て、みぞおちを押す

「呼吸が深くなるよ」
バスタオル枕の上に寝たら、両ひざを立てて、両手の四指をみぞおちにあてる。肋骨の下に指を押し込むようにして息を吐き、みぞおちを5秒押す。

◆わきの前と後ろをつかんで押す

「硬い部分は押すと痛気持ちいい」
両ひざを伸ばしたら、右手の指で左のわきの下の前側を、5秒強めにつかん で押す。同様に、わきの後ろ側も5秒つかんで押す。反対側も同様に。

◆おなかの前面を強めにさする

「腹肉を下に動かす感じ」
寝転んだまま両ひざを立てる。両手を軽く握ったらみぞおちにあてて、そこから下腹部に向かって、おなかの前面を10回強めにさする。

◆わきから腰まで強めにさする

「ウエストもすっきり細くなる!」
両ひざを伸ばして、左腕を上げる。右手をわきの下にあて、腰の横まで、右の体側を10回強めに押して、さすりながら流す。反対側も同様に。

◆おなかの肉をつまんで離す、をくり返す

「ぽっこり腹もペタンコに」
両ひざを立てたら、両手の指でおなかの肉をつまむ。指の位置を動かしながらおなかの肉をまんべんなく“つまんで離す”をくり返す。

撮影/恩田亮一、柏原力 取材・文・構成/山本美和

関連キーワード

関連記事