あなたは何クマ? 色別に見るあなたに合ったコンシーラーの選び方

あなたは何クマ? 色別に見るあなたに合ったコンシーラーの選び方

昔からの悩みの一つが目の下のクマでした。コンシーラーを塗っても消えず、塗りすぎるとよれたり、シワができたり…。自分のクマが何色のクマなのか知ってから原因と対策、合うコンシーラーを選ぶ参考にしてみてくださいね。

あなたは何色のクマ?クマが出来る原因は?

クマには大きく分けて3種類あります。
・青クマ
・黒クマ
・赤クマ(茶クマ)
です。

まずは自分のクマが何クマなのかを知ることが大切です。

【調べ方】
目の下の皮膚を下にひっぱってクマが薄くなる→青クマ
鏡を手に持ち、上を向くとクマが薄くなる→黒クマ
上記のことをしても薄くならない→赤クマ(茶クマ)

【原因と対策】
青クマ…生活習慣による血行不良と言われており、寝不足の後にできることが多いそうです。なるべく質の良い睡眠を心がけてください。

黒クマ…目元のたるみが影を作っているので、目元のケアをしっかりと行いましょう。入浴後は、美容液を染み込ませたコットンで目元をパックして保湿し、その後親指の腹を使って眉毛の下にある骨部分を目頭から目尻にかけて押し上げるようにマッサージをします。気持ちがいいなと思うくらいの圧でマッサージしてあげてください。下まぶたの骨も同様にマッサージしましょう。

赤クマ(茶クマ)…パソコン、スマホ、テレビなどによる目の疲れが原因と言われています。寝る前にホットアイマスクで疲れを癒したり、早めに寝るようにしましょう。

黒クマは目のたるみ、青クマも赤クマも生活習慣からくるものなのですね。ついついベッドの中でスマホをいじってしまいますが、早く寝た方が良さそうですね。

クマの種類別で見る、あなたに合ったコンシーラーの色

目元の皮膚は薄いため、つけた時に摩擦が少ないリキッドタイプやクリームタイプを選ぶのがオススメです。普段リキッドファンデーションを使っている方は、ファンデーションの後に、パウダーファンデーションを使っている方はファンデーションの前に塗ってください。

【コンシーラーの選び方】
・青クマに適した色…オレンジ
・黒クマに適した…ベージュやオークル。パールが入っているとなお良いでしょう
・赤クマ(茶クマ)に適した…イエロー。イエローでも消えない方はグリーンを使いましょう

コンシーラーは、カバー力があるのでしっかりクレンジングして保湿してくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事