間違えやすいインナードライ肌のスキンケアを見直して潤い肌に!

間違えやすいインナードライ肌のスキンケアを見直して潤い肌に!

最近、肌の表面はテカっているのに肌の内側は潤いが少なく乾燥している状態のインナードライ肌に悩んでいる方が多いようです。脂性肌と勘違いしてスキンケアをしていると、インナードライ肌が余計に乾燥してしまうので正しいスキンケアを見直してみませんか?

間違えたスキンケアでインナードライ肌が深刻に?

そもそもインナードライ肌とは、肌の表面は皮脂分泌によりしっとりしているのに、肌の内側はカラカラに乾燥している状態のことを指します。最近では、このインナードライ肌に悩んでいる方が多く、肌の表面には皮脂が多く分泌されているため、脂性肌(オイリー肌)だと思い込んでいた、というケースが多いようです。

洗顔後、皮脂があるのにお肌にツッパリを感じるという方はインナードライ肌の可能性があるので、脂性肌のスキンケアではなくインナードライ肌に最適なスキンケアをしていきましょう。

インナードライ肌を解消するスキンケアとは?

まず、インナードライ肌でついやってしまいがちなスキンケアは、皮脂を取り除くための過剰な洗顔や、アルコールが含まれた基礎化粧品の使いすぎ、化粧水だけでスキンケアを終わらせる…ことなどがあげられます。

インナードライ肌の場合、皮脂を無理矢理落としても皮脂分泌が余計に促進されると同時に、乾燥するスピードが速まってしまいます。また、油取り紙や拭き取り化粧水を頻繁に使っていると乾燥肌の原因となることがあるので気をつけましょう。

インナードライ肌を改善するには、化粧水と美容液を重視した保湿ケアと、マイルドで肌に優しいクレンジングや洗顔料を使って皮脂を取りすぎないことがポイントです。オイルやクリームをたくさん塗ると乾燥が和らぎそうなイメージがありますが、化粧水や美容液でしっかり水分を与えずにオイルやクリームの油分だけを与え過ぎると、肌の上だけ油分でテカテカしてしまうだけなので要注意。

洗浄力がマイルドなミルククレンジングや洗顔料を使って優しくメイク汚れや毛穴汚れをオフしたら、すぐに化粧水と美容液を何回かに分けてハンドプレスをしながら確実に浸透させていきましょう。仕上げに乳液を薄く伸ばし、乾燥が気になる部分には重ねづけをすれば完了です。

スペシャルケアとして高保湿のシートマスクを取り入れるのもインナードライ肌に効果的ですよ!

優しいスキンケアでインナードライ肌を改善

インナードライ肌のスキンケアは、面倒なイメージがありますが、基本的に油分よりも水分を重視した保湿ケアに力を入れることが大切です。

必要な皮脂や潤いを洗い流しすぎない程度にして、たっぷりの水分と潤いをお肌に与えるスキンケアを毎日続けて、厄介なインナードライ肌を徐々に改善していきましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事