朝起きたらほうれい線がくっきり…! ほうれい線の原因と対策とは?

朝起きたらほうれい線がくっきり…! ほうれい線の原因と対策とは?

夜しっかりスキンケアをしてから眠ったのに、朝鏡に映ったほうれい線を見てショックを受けたことはありませんか? ほうれい線があるとファンデーションが溝に溜まりやすく、うまくカバーしきれませんよね。そこで朝目立つほうれい線の原因と対策をご紹介!

朝起きてほうれい線がくっきり… 原因ってなに?

年齢が現れやすいエイジングサインとして代表的なほうれい線。夜念入りにスキンケアをしたのに、朝起きたらくっきりとほうれい線が出現していると一気にブルーな気分になってしまいますよね。

そもそも朝にほうれい線が目立つ一番の原因は、肌の乾燥だと言われています。寝ている間に500mlほどの汗をかいているため、自然と肌が乾燥してしまい、朝起きたらほうれい線が目立ってしまうケースが多いようです。

ほうれい線が目立ってしまったときの緊急対策

朝ほうれい線が目立ってしまったときの対策としては、徹底的な保湿ケアをして乾燥肌対策を行うことがポイントです。

ほうれい線がくっきりできていたときは、洗顔料が必要な皮脂や潤いまで奪って、余計に乾燥してしまうので、朝は洗顔料を使わずにぬるま湯だけで顔を洗っていきましょう。

洗顔後は、すぐに導入美容液を使って保湿をしていきます。洗顔後すぐに化粧水をつけるよりも、導入美容液をつけることで肌が柔らかくなり、次に使う化粧水の浸透力がぐんとアップするのでおすすめですよ。

ほうれい線の対策に最適な化粧水は、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、プロテオグリカンなどの保湿成分が含まれたエイジングケア用の化粧水。年齢肌のことを考えた成分が入っているので、より弾力やハリのある肌に近づけるでしょう。

そして、アイクリームをほうれい線に馴染ませていきます。顔全体に使う保湿クリームよりも、アイクリームのほうが比較的濃厚で美容成分がぎゅっと詰まっているので、エイジングサインのほうれい線にアプローチしてくれます。少しずつ塗り込んでからハンドプレスをすることを数回繰り返すといいでしょう。

また、寝るときにはナイトクリームをつけたり、加湿器や濡らしたタオルを寝室にかけておくと乾燥予防にもつながります。面倒なようでもコツコツ続けることで、ほうれい線の悩みを徐々に改善できるはずですよ。

ほうれい線に悩む前に徹底保湿ケアを

朝起きたらできているほうれい線の多くの原因は「乾燥」と言われているので、寝る前から乾燥対策をしておくことをおすすめします。また、ほうれい線をファンデーションで何回も重ね塗りすると、ほうれい線の溝に溜まりやすくなるので、リキッドファンデーションを薄く伸ばしてスポンジで叩き込むように薄塗りしていくといいでしょう。

日頃から乾燥対策をしてほうれい線の気にならない肌を手に入れてみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事