目立つ「たるみ毛穴」はエイジングケア化粧品とメイクでカバー!

目立つ「たるみ毛穴」はエイジングケア化粧品とメイクでカバー!

年齢を重ねるにつれて目立ってくる「たるみ毛穴」。黒ずんだ毛穴や開いた毛穴はスキンケアで改善しやすいですが、たるみ毛穴はファンデーションでうまくカバーしきれず悩みのタネですよね。そこでたるみ毛穴のケアとメイク法をご紹介します。

目立ちやすいたるみ毛穴ができる原因は?

黒ずみ毛穴や開き毛穴など、毛穴の種類の中でも毛穴が緩んでしずくのように垂れ下がった「たるみ毛穴」を改善するのは、なかなか難しいですよね…。

そもそもたるみ毛穴になる原因は、年齢と共に真皮にあるハリ弾力をもたらしてくれるコラーゲンやエラスチンが不足することだと言われています。コラーゲンやエラスチンが不足すると、肌全体のハリや弾力が低下してくるため、毛穴周辺の皮膚がだんだんくぼんでいき、毛穴が縦に広がり、たるみ毛穴になるというわけなのです。

年齢だけでなく、潤い不足や睡眠不足、紫外線やタバコ、睡眠不足なども影響していると言われているため、もう一度生活習慣を見直してみるといいでしょう。

たるみ毛穴にアプローチするスキンケアとメイク法

たるみ毛穴が目立って焦る前に、日頃からエイジングケア化粧品を使ってたるみ毛穴にアプローチしていくことも大切です。たるみ毛穴を改善するには、高保湿化粧水やエイジングケア用の化粧水で、毛穴とその周辺の皮膚にたっぷり潤いを与えてあげましょう。基本の保湿ケアをしたら、コラーゲンやエラスチンにアプローチしてくれるエイジングケア美容液を使うと効果的です。化粧水や美容液は、少量ずつゆっくりじっくりハンドプレスをしながら馴染ませることがポイント!たるみ毛穴が気になる部分には、コットンパックをするとより潤いが届きやすくなりますよ。

また、たるみ毛穴をカバーするためにファンデーションを厚塗りしてしまうと、かえってたるみ毛穴が目立ってしまう場合があります。たるみ毛穴をカバーするメイク法は、まず肌の乾燥を防ぐために念入りなスキンケアをして肌を整えておきましょう。オイルなどの過剰な油分はメイク崩れになってしまうので、化粧水や美容液を重視したスキンケアがおすすめです。

たるみ毛穴には、部分用下地を使ってスポンジで叩き込むように馴染ませると凸凹がなめらかに。そのあとコンシーラーを薄く伸ばしてたるみ毛穴をナチュラルにカバーします。暗い色のコンシーラーは毛穴に影ができてしまうので、少し明るめのコンシーラーを選ぶといいでしょう。
 
たるみ毛穴には、粉っぽさが出てしまうパウダーファンデーションよりも、リキッドファンデーションやクリームファンデーションがおすすめです。ブラシで全体的に伸ばしたら、たるみ毛穴に薄く重ね塗りをして、スポンジでぽんぽん馴染ませたら完成です。

たるみ毛穴をケアして年齢を感じさせないお肌へ

たるみ毛穴の基本は、エイジングケア化粧品や高保湿化粧品を使った水分と潤いを重視したスキンケア。たっぷりの潤いをたるみ毛穴に与えてあげることで、次第にふっくらとして目立たなくなると言われているので根気強く続けてみてくださいね!

関連記事