秋のスキンケアは夏のダメージを回復させることから始めよう

秋のスキンケアは夏のダメージを回復させることから始めよう

あっという間に暑い夏が終わり、過ごしやすい秋がやってきましたね。涼しくて快適な秋ですが、まだ夏の肌ダメージが残っているかもしれません。徐々に秋のスキンケアにシフトしていくためにも、夏のダメージを回復させることから始めてみませんか?

秋になっても夏のダメージがまだ肌に残っているかも…

毎年秋になると、紫外線ダメージなどの影響により、ゴワゴワざらざらしたり、肌がくすんで透明感がなくなったりした経験はありませんか? その原因は、夏に受けた紫外線ダメージによるものが大きいと言われています。

紫外線は、表皮や真皮にまで到達し、シミやたるみ、くすみへとつながってしまうため、秋のスキンケアは夏のダメージを回復させてあげることを第一に考えてあげるといいでしょう。

夏のダメージを回復させる、秋に最適なスキンケアって?

秋のスキンケアで大切なことは、保湿ケアで遅れたターンオーバーを促進すること、美白化粧品をうまく利用して美白ケアをしてあげること、と言われています。

肌を触ってみてなんだかごわついていたり、くすみがちな場合は、古い角質が蓄積されている場合があるので、週に1回ほど酵素洗顔を使ってみましょう。毛穴の奥の汚れを浮かしとってくれたり、ごわつきの原因となる角質を取り除いてくれたりするので、つるつるのたまご肌に近づけるでしょう!

そして、夏に受けた紫外線ダメージを保湿ケアでしっかり回復させていきましょう。ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、セラミドなどが含まれた高保湿化粧水を使って、ゆっくりハンドプレスをしながら美容成分を優しく届けてあげましょう。化粧水のあとは美白美容液を使うと、くすみがちな肌に透明感が出てくるはずです。

年齢が現れやすいと言われている首やデコルテのケアも顔のスキンケアのついでに行うといいですね。首やデコルテは顔のスキンケアと同様に、化粧水、美容液、乳液などを使って保湿していきます。スペシャルケアとしてフェイスマスクをデコルテに付けるとぷるぷるになるでしょう!

正しい秋のスキンケアで透明感溢れる美肌へ

保湿ケア、美白ケアだけでなく、秋だからといって紫外線対策を怠らないことも大切です。涼しい秋でもまだまだ紫外線が降り注いでいるので、日焼け止めを欠かさず塗って紫外線対策をしてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事