「エイジングケア化粧品」と「質の良い睡眠」でぷるぷる弾力肌に

「エイジングケア化粧品」と「質の良い睡眠」でぷるぷる弾力肌に

年齢とともに気になってくるハリ不足やたるみ、しわなどのエイジングサイン。どんなに高級な化粧品を使っていても、まずは身体の内側からしっかりケアしてあげることが美肌への近道でしょう。インナーケアとして一番手軽な睡眠に力を入れてみませんか?

エイジングケアは化粧品だけでなく質のいい睡眠も欠かせない!

ぷるぷるの弾力肌になるには、高級なエイジングケア化粧品を使うだけでなく、身体の内面からしっかりケアしてあげることが大切です。

インナーケアは食生活に気をつかわなくてはいけないイメージがありますが、食生活と同様に睡眠も欠かせません。質のいい睡眠を心がけてエイジングケアをしていきましょう。

エイジングケアに睡眠が必要な理由って?

そもそも睡眠は、身体を休ませるだけでなく、肌が日中受けたダメージを回復させ、健やかな肌にしてくれると言われています。ぐっすり質のいい睡眠を十分に取ることで、成長ホルモンがしっかり分泌されて肌の新陳代謝が活発になっていき、より美しい肌に近づけるでしょう。

ただ寝るのではなく、22〜24時には寝るように心がけるのがポイントです。肌の代謝を助ける成長ホルモンの分泌が一番分泌されると言われているのが、眠りについてから1~2時間後。最低でも6時間は睡眠時間を確保するといいでしょう。

また、夜こそしっかりエイジングケアしていくことも大切です。クレンジングや洗顔でメイク汚れや毛穴の汚れなどをしっかり洗い流し、季節や肌質、自分の肌の状態に合わせた美容成分が含まれた基礎化粧品を使うことをおすすめします。

日中にたっぷり紫外線を浴びた場合は美白成分が含まれた美白化粧品、暖房や冷房による空気乾燥が気になった夜は高保湿化粧品、ハリや弾力、たるみが気になる方はエイジングケア化粧品…などと、その日の肌に合わせたものを使えるように何種類か基礎化粧品を用意しておくといいかもしれませんね。

朝のスキンケアに力を入れられなかった日は、夜のスキンケアで化粧水、美容液、乳液、保湿クリーム、フェイスマスクなどを使って水分と油分のバランスを整えてあげましょう。クリームや乳液を塗り込む際には、下から上に向かってたるみを持ち上げるようにマッサージしていくとリフトアップにつながりますよ。

たっぷりの睡眠で効果的なエイジングケアを

これから秋冬にかけて、部屋の空気乾燥が気になってくるため自然に肌も乾燥してしまいがち。加湿器や濡らしたタオルを寝室に置くだけでも湿度管理をすることができるはず。

質のいい睡眠で寝ている間に美しい肌づくりにトライしてみてはいかがでしょうか?

関連記事