【クボヘアで小顔・華やか・大人っぽ】縦巻きバングで小顔になる!

【クボヘアで小顔・華やか・大人っぽ】縦巻きバングで小顔になる!

“とにかく可愛く切る”ことを信条としている、似合わせセンス抜群の美容師・久保雄司さんが、VOCE読者が「自分に合うタイプが見つかるように」とあえて選んだ、髪の長さも顔立ちも異なるモデルをお手本に、髪型をちょこっと変えるだけで劇的に可愛くなれる、スタイルマジックをお見せします!

教えてくれるのは

人気の腕利き美容師!簡単にちょこチェンジできるサロンの「前髪カット」は、顔まわりの微調整も込みで¥2000。@six_kuboyuji

大人の女性はちょこっとのイメチェンで可愛くなれます!

「髪型って、1cmの違いでも顔が変わって見えるんですよ。たとえば、顔まわりにくる髪で輪郭を補整し、肌の見え方を理想形にすると顔が小さく、表情は明るくなる。また、レイヤーの入れ方で重さを調整し、正しい位置にボリュームが出るようにすればぐっと垢抜けます。髪を切りたくない人は、巻き方を変えるだけでも印象操作できますのでぜひ、挑戦してみてください!」

《ちょこチェンジのポイントはこの3つ!》
POINT1:肌見え具合 顔周りの操作で小顔見え!
POINT2:動き コテの向きを変えるだけで華やかに。
POINT3:重さ ちょこレイヤーで一気に垢抜け!

◆流し前髪を縦巻きにしてさらに小顔に!

【BEFORE】林田岬優さん
タイトなストレート前髪を、縦巻きスタイリングでクイックチェンジ。動きが出しやすい、縦巻きならではの最新アレンジにもトライ。

コテでちょこチェンジ!

ヘアアイロンを縦にして巻くだけで完成
前髪を3束くらいに分割。ヘアアイロンを縦にし、それぞれの毛束の中間あたりから毛先へ、らせん状に巻いていく。

完成!

“パーツがきわ立つ顔に女も男も見惚れちゃう”
「横巻きと比べて、縦巻きは毛束に立体感が出ます。肌を覆う髪の“面”がなくなり、肌を効果的に見せられるその抜け感と、立体感による奥行きで顔が小さく、パーツまで印象的に」

そのまま1つに結んでも可愛い♡
前髪を真ん中で分けて、軽くヘアオイルをつけた指で左右の毛先を外に開くように流せば、1つ結びが今っぽく。

改ページ:[ 前髪とサイドを変えるだけで美人度UP! ]

顔まわりでちょこチェンジ!

「顔まわりが変わると、顔が変わる」という久保雄司さん提案のアレンジは、カット不要。長さを変えないから抵抗感なく、瞬時に変身完了です!

1◆根元を立ち上げた前髪と顔まわりの柔らかさで小顔と上品さを両得!

【BEFORE】ばうはんさん
ストレートの黒髪がクールな印象。その雰囲気を強めている、顔にまで攻め込んでいる前髪に的を絞ってチェンジ。

コテでちょこチェンジ!

(1)前髪の毛先を、斜めにひと巻き
ヘアアイロンを斜めにし、前髪の毛先を斜めに巻く。こうするとカールが丸くなりすぎず、抜け感のあるラフな雰囲気に。

(2)ヘアアイロンで残りの前髪を外巻き
毛先を巻いた前髪を除き、おろさないほうの前髪を毛先から根元まで外巻きにして、根元に自然な立ち上がりを。

完成!

“狙いすぎていないラフさがおしゃれ”
「前髪の根元を立ち上げ、高さを出し、顔にかかる髪の量を調整。見える肌をひし形に近くすることで小顔に。顔まわりの髪に丸みをつけて表情を柔らかくすると、上品さも生まれます」

2◆分け目を普段と逆にする。たったそれだけで人に与える印象が変わる!

【BEFORE】田辺かほさん
ストレートのセミロングに合わせた分け目は、ずっと右だったそうで、今回、人生で初めての左分けにチャレンジ!

ドライヤーとコテでちょこチェンジ!

(1)髪の広がりを抑え、小顔に見せる巻き方
まず、顔まわりの髪の毛先をヘアアイロンで内巻きに。その後、アイロンを縦にし、髪の中間部を巻きつける。

(2)根元が浮いて顔にかかる髪がいい感じに
6:4に分けた6のほうの前髪を指で上向きにかきあげ、根元を起こしてドライヤーをあて、立ち上がりをつくる。

完成!

“6:4のかきあげ前髪で清楚なムードの大人系”
「人の顔は完璧に左右対称ではないので、パートを逆にすると、顔の見える部分がいつもと違ってきて、人に与える印象が変わるんです。ベストな比率は6:4。違和感なく、新鮮な自分に出会えますよ」

3◆これぞザ・うぶバング!波打ちウェーブをつけてナチュラルに、女らしく

【BEFORE】marikoさん
ボリューム感のあるストレートのロングヘア。アゴまで伸びた、ちょうどいい長さの前髪を、うぶバングとして活用。

ストレートアイロンでちょこチェンジ!

(1)挟んだ毛束を“山折り”する感じで
耳より前にある髪=うぶバングの中間あたりをストレートアイロンで挟み、上方向に半回転させ“山”をつくる。

(2)片手で毛先を持ちながらするのがコツ
ストレートアイロンの位置を少し下にズラし、同じように半回転させて“山”をつくる。これを毛先まで繰り返す。

完成!

“垢抜け効果抜群のルーズウェーブ”
「結んだときしか出てこない、耳より前にあるうぶバングに波打ちのウェーブをつけたスタイル。輪郭カバー効果はもちろん、髪のルーズな揺れ感でナチュラルな女らしさが漂います」

4◆おでこの丸みをきわ立たせた前髪で女らしさを感じさせる

【BEFORE】レオナさん
インパクトのあるロングヘア。顔まわりまで深く切り込んだ前髪のしゃきっと感をなくすべく、パーマで柔らかさを。

パーマとスタイリングでちょこチェンジ!

(1)2段に分けてかけるパーマで丸みを強調
トップから三角形に前髪をとる。その前髪を上下2段に分けて、それぞれ中央に集めて内巻きにパーマをかける。

(2)前髪に段差が出て目もとに表情が!
指にシアバターをつける。2段に分けた前髪の上側(表面)の毛先をつまみながらなじませ、束感をプラスしていく。

完成!

“魅惑的な目線になるロールアップバング”
「ポイントは前髪。男性はおでこがまっすぐなのに対し、女性は丸いので、その丸みになじむ形にすると、おのずと女らしく。仕上げにシアバターで束感を足し、目もとの表情を豊かにすることで女度をさらにUP!」

撮影/永谷知也(WILL CREATIVE) ヘアメイク/久保雄司(SIX) スタイリング/河野素子 モデル/林田岬優、ばうはん、田辺かほ(VOCE専属)、mariko、レオナ 取材・文/橋本日登美 構成/鏡裕子

《こちらも合わせてcheck!》
■【クボヘアでかわいい度急上昇】顔まわりの似合わせちょこチェンジ!

関連キーワード

関連記事