ジェルネイルを長持ちさせたい! 日常で心がけるべき5つのこと

ジェルネイルを長持ちさせたい! 日常で心がけるべき5つのこと

ネイルサロンで煌びやかなジェルネイルを施したら、できる限り綺麗な状態をキープしたいですよね。ですが爪周りは乾燥しやすく、ジェルネイルが浮いてしまいがち。そこでジェルネイルを長持ちさせるために日常生活で気をつけたいことをご紹介します。

華やかなジェルネイルをできる限り長持ちさせるには?

ぷるぷるでツヤツヤのジェルネイルを施した指先は、見ているだけで気分が上がりますよね。でも、せっかくネイルサロンやセルフでジェルネイルをしたのにあっという間に取れてしまった…なんて経験はありませんか?

華やかなジェルネイルをできる限り長持ちさせるためには、日常生活でできる5つの方法があるのです。

ジェルネイルをキープするための5つのポイント

ジェルネイルを長持ちさせるためには、日常生活でのちょっとした心がけが大切です。

1. 水仕事のときは必ずゴム手袋をつけること
素手で洗い物や水回りを掃除すると、洗剤や水により指先や爪が乾燥して、ジェルネイルが取れやすくなってしまいます。あらかじめネイルオイルやハンドクリームや塗ってからゴム手袋をすると指先までしっかり保湿ができるのでおすすめですよ。

2. 長時間お風呂に浸かる時には爪をお湯につけないようにする
長い時間湯船に指先を入れたままにしておくとジェルネイルが剥がれる原因につながるので、指先は湯船の外に出しておきましょう。

3. ネイルオイルやネイル美容液をこまめに塗ること
爪に潤いを与えてくれるネイルオイルや美容液を塗ることで乾燥を防いでジェルネイルの持ちがぐんとよくなります。ネイルオイルを塗ってから指先で優しくマッサージすると血行が促進されて健康な爪を保つこともできるでしょう。

4. シール剥がしなど、爪を使った作業を控えること
爪の先端を使うとジェルネイルが欠けてしまったり剥がれやすくなるので気をつけてくださいね。

5. シャンプーの時にシャンプーブラシを使って洗うこと
シャンプーをするときに指や爪を使う方は、細い髪の毛がジェルネイルと自爪の間に入って絡まりやすくなってしまいます。頭皮をいたわるためにもシャンプーブラシを使うことをおすすめします。

ジェルネイルは、日常生活のちょっとした心がけで綺麗に長持ちするのでやってみてくださいね!

日常生活の心がけで綺麗なジェルネイルをキープ

ジェルネイルが伸びてきてしまうとお手入れが行き届いていないように見えてしまう場合があるので、フレンチネイルや逆フレンチネイル、カラーグラデーション、ラメグラデーションなら爪が少し伸びてきても目立ちにくくておすすめです。
また、ストーンや立体パーツをつけると取れやすくなってしまうため、表面に凸凹のないフラットなネイルデザインにするのもキープさせるコツです。ジェルネイルライフを存分に楽しんでみてくださいね!

関連記事