自爪に優しい! ジェルネイルオフの正しいやり方・注意点について

自爪に優しい! ジェルネイルオフの正しいやり方・注意点について

ジェルネイルは無理に爪から剥がそうとすると自爪の表面まで剥がしてしまう事があるため、注意が必要と言われています。正しいジェルネイルオフのやり方・注意点をマスターし、健康的な爪をキープしていきましょう!

ジェルネイルオフの正しいやり方について

ジェルネイルをオフする際、ジェルネイルと同じブランドの専用のリムーバーを使うのが良いそうです。オフした後、自爪に戻す場合は、保湿ケアも忘れずに行いましょう。

【使用するアイテム】
・ファイル
・バッファー
・コットン
・アルミホイル
・ジェルリムーバー
・プッシャー
・キューティクルオイル

【ジェルネイルオフのやり方】
1.<ファイルでサンディング>
リムーバーの浸透性を高めるためにファイルで表面をサンディングしていきます。

2.<コットンにリムーバーを含ませる>
コットンにジェルリムーバーをたっぷり含ませ、爪の上に置きます。コットンはジェルを塗っている部分全てをカバーできるくらいの大きさにカットしておきましょう。

3.<アルミホイルで爪・指を包む>
アルミホイルを10cm角くらいにカットし、指先に巻きつけたらそのまま10〜15分間リムーバーを浸透させていきます。

4.<プッシャーでジェルを除く>
プッシャーで軽く表面をこすりながらジェルを剥がしていきます。なかなか取れない場合は無理に剥がさず、2〜3の手順を繰り返し行いましょう。

5.<ダストを除く>
ダスト(細かい粒子)を綺麗に取り除き、キューティクルオイルで保湿ケアを行ったら完成です!

【POINT】アルミホイルを巻く際は、隙間なく丁寧に包み込むようにしましょう。リムーバーは揮発性が高いため隙間があるとジェルに浸透しづらくなります。

ジェルネイルオフの注意点について

基本的なやり方をおさえた上で、ジェルネイルオフの注意点について一つずつチェックしていきたいと思います!

1.【無理やり剥がさないこと】
プッシャーで少し削ってもジェルが剥がれない場合は、無理せずにコットンとアルミホイルを包む工程をもう一度繰り返しましょう。

2.【大きなパーツはあらかじめ外す】
ストーンなどの大きめのパーツは、ニッパーなどのアイテムで事前に外しておくようにしましょう。もしニッパーで取れない場合は、ファイルで少しずつサンディングしながら外すと良いそうです。

ジェルが浮いた状態のまま長期間放置しておくと爪にカビが生え、グリーンネイルの原因にもなると言われています。爪の健康のためにも正しいジェルネイルオフの方法を実践し、清潔な状態で新しいジェルネイルをお楽しみください!

関連記事