「弱酸性化粧品」の意外な落とし穴! 正しい使い分け方とは?

「弱酸性化粧品」の意外な落とし穴! 正しい使い分け方とは?

一般的なイメージとして弱酸性化粧品=肌に優しいと思われがちですが、実は弱酸性化粧品にもデメリットがあることをご存知でしょうか? 健康的な肌を維持するべく、正しい使い分け方についてチェックしていきましょう。

弱酸性化粧品の意外な落とし穴とは?

「肌が弱酸性だから洗顔料も弱酸性であるべき!」多くの女性がそう思い込んでいる弱酸性化粧品の意外な落とし穴について考えていきたいと思います。

健康な肌の場合、脂肪酸や皮膚常在菌が産生する物質により、pH4.5〜6.0の弱酸性が保たれていると言われています。弱酸性の状態を維持していれば肌に悪い影響を与えるカビや細菌は、酸に弱いため事前に侵入を防ぐことにも繋がるそうです。更には、弱酸性にはタンパク質を固める働きがあるため、タンパク質が主成分である角質が強固になり、肌表面を鎧のように守る役割にも期待できます。

しかし、弱酸性の肌を維持するべく弱酸性の洗顔料でケアを行うべきかというと実はそうではありません。弱酸性の洗顔料で顔を洗うことで、メイク汚れや酸化した皮脂であれば除去することが可能ですが、古い角質や毛穴汚れを除くことは難しいそうなので、思わぬ肌トラブルを引き起こす場合があると言われています。

弱酸性とアルカリ性化粧品の正しい使い分け方について

肌の健康状態をキープするには、弱酸性とアルカリ性化粧品をうまく使い分けると良いそうです。

アルカリ性の洗顔料を使うことで古い角質が柔らかくなり、ギュッと閉じていた毛穴もゆるみ、汚れも落ちやすくなると言われています。透明感のある肌へ磨きあげるためにも洗顔を行う際は弱酸性ではなく、アルカリ性のものを選んでいくと良いでしょう。アルカリ性の洗顔料で洗うと肌がアルカリ性になるのでは!? という疑問が上がるかと思いますが、洗顔後によくすすげば自然と肌は弱酸性に戻るそうなので安心してくださいね。ただ、化粧水など長時間肌にのせる基礎化粧品の場合、アルカリ性になると刺激が強すぎると言われているため、弱酸性〜中性の化粧品を使用することをおすすめします。

いつまでたってもニキビや吹き出物が治らない…と悩んでいる場合、もしかすると弱酸性の洗顔料を使用している可能性も考えられます。肌の健康のためにも現在使用している洗顔料のpHについて今一度見直してみましょう!

関連記事