悪者とは限らない!? 「界面活性剤」と上手く付き合う方法について

悪者とは限らない!? 「界面活性剤」と上手く付き合う方法について

界面活性剤といえば一般的に肌に悪いというイメージがあるものですが、一概にそう言えるわけではないそうです。界面活性剤の特徴を掴み、上手く活用することで理想的な肌作りをサポートすることにも繋がると言われています。

【界面活性剤と上手く付き合う方法】界面活性剤は肌に悪い?

医薬品から食品にまで含まれていたりと生活する上でもはや避けられない成分である界面活性剤! 本当に肌に悪い成分なのか?具体的にチェックしていきたいと思います。

<界面活性剤は肌に悪い?>
界面活性剤には、人工的に作られた合成界面活性剤以外にも卵黄レシチンなどの「天然の界面活性剤」があるそうです。合成界面活性剤の場合、最近の主流だと人工的に作られた石油系界面活性剤と植物系の両方を使った物が多く、商品のパッケージにも「植物性由来の界面活性剤」と表記することができるので、消費者にとって本当はどのような界面活性剤が使用されているのか非常にわかりづらいと言われています。

しかし、日本の化粧品業界では、毒性〜刺激性を確認する試験に通過したものしか原料として認められていないため、大きな皮膚トラブルを引き起こすことはほとんど無いと考えて良いそうです。

また、合成界面活性剤の開発研究に取り組むメーカーも増えてきており、昔に比べると過剰に神経質になる必要もありませんが、それでも肌が敏感な女性が合成界面活性剤を使用する際は注意が必要でしょう。なかには、洗浄力が高すぎる商品や合成界面活性剤に限らずご自身の肌に合わない成分が含まれている可能性もありますので、一度試供品でパッチテストを行った上で商品購入を検討することをおすすめします。

合成界面活性剤を含む石鹸の見分け方について

「洗浄力が高すぎず、肌に優しそう」と石鹸を好んで使用している方もいると思いますが、固形石鹸=合成界面活性剤を含まないアイテムであるかというと、そうではないと言われています。合成界面活性剤を含む石鹸であるか見分けるには、下記のような実験方法がおすすめです!

<合成界面活性剤を含む石鹸の見分け方>
ガラス製のコップに水と泡立てた石鹸を入れ、酢を数滴追加します。

【合成界面活性剤を含まない石鹸】しばらく置くと液体が白濁し、泡が消える。
【合成界面活性剤を含む石鹸】しばらく置いても液体には変化がなく、泡が残ったまま。

界面活性剤も合成 or 天然のものであるか等、具体滴な種類を見極めたり、肌質に合わせて使用することで上手に活用することが可能でしょう。是非、今後美活を行う上で参考にしてみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事