辛い冷え性・生理痛を和らげる東洋医学の力!ツボ・漢方のススメ

辛い冷え性・生理痛を和らげる東洋医学の力!ツボ・漢方のススメ

毎月の生理痛や一年中厚手の下着を手放せない程の冷え性に悩んでいる女性は、人知れず多いといわれています。痛み止めの薬を飲んだり、カイロや厚手の下着でやり過ごしているけど何とかならないの!という方に東洋医学のツボ・漢方の力についてご紹介します。

辛い冷え性・生理痛はどうして起こる? 東洋医学的な考え方

冷え性や生理痛の原因は、さまざまなものがあるとされていますよね。東洋医学では、そのうちの1つの要因に「血のめぐり」に関するトラブルがあるのではないかと考えることが多いようです。

中でも、生理痛がひどい方は、子宮内部やその周辺の血流が悪く、うっけつするような状態だったり、血がドロドロしていたりするため、スムーズに排出されにくいような状態にあることなどが関係し、「月経困難症」と呼ばれるような不快症状に悩まされることも。

西洋医学的な考えでも、血液の巡りが悪い方は冷え性の傾向があるといわれており、その冷え性と生理痛は一定の関係があるという指摘もありますから、血のめぐりに関するトラブルは軽視できないようですね。

脱冷え性・生理痛!血の流れを改善させる<ツボ編>

女性の血の巡りに関するツボは、足の内側に集結しているといわれています。今回は、「足の内側のマッサージ法」をご紹介します。

1. あぐらの姿勢で座ります。

2. 足の親指を引っ張たり、ゴリゴリ指圧してマッサージします。

3. 土踏まず~かかとの内側…と「足の内側のアーチ」に沿って指圧します。特に「かかとの内側」は、子宮の反射区(はんしゃく:足の裏のツボにあたるところ)とされているので、重点的に指圧しましょう。

4. そのまま足の内側〜ふくらはぎのマッサージに移行します。くるぶしの内側~ふくらはぎ~と少しずつ位置をずらしながら、ふくらはぎを中心に指圧を続けましょう。
ドーンと響くような感覚や痛い・気持ちいいと感じるところがあったら、そこが自分の症状に合っているツボなので、少し長めに指圧します。

5. そのまま指圧をしながら、膝の内側についても、膝の下・中央・膝の上の方と、丁寧に指圧してください。特に膝の内側の上の方には、血の流れに関するツボがあるとされているので、重要です。

6. 左右行って終了です!

脱冷え性・生理痛!血の流れを改善させる!<漢方編>

漢方には、血の巡りを改善させるような作用を持つものもがあり、古くから、女性の冷え性や生理痛などのトラブルを緩和させる効果があると言い伝えられています。

ただ、薬剤師さんよると、「漢方はその人の症状にあったものを選ぶことが大切」だそうなので、「漢方薬剤師」さんがいる漢方系の薬局やクリニックなどに相談するのが賢明だそう!その人の症状を詳しく聞いて、さまざまな漢方を紹介してくれるでしょう。

漢方は高い・まずいという印象をお持ちの方もいるかもしれませんが、「加味逍遥散(かみしょうようさん)」「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」「人参(高麗人参、田七人参など)」といった女性のトラブルに有名な漢方なら、手ごろな価格、かつ、サプリ形式で飲みやすいものも市販されているので、薬局などで相談してみるのも良いでしょう。

ツボや漢方系のサプリなどによる効果は、体の中にじっくり作用して改善させていくものが一般的。それゆえ、最低でも3ヶ月は続けてみないと、本当の効果は実感しにくいという点に注意が必要ですが、毎月の痛み止めなどに不安や限界を感じている方などは、試してみてはいかがでしょうか。

関連記事