妊娠中にできてしまったシミを改善するには? 守りの美白ケアを!

妊娠中にできてしまったシミを改善するには? 守りの美白ケアを!

妊娠中にシミが濃くなったり増えたりしてこのまま消えないのでは…? と不安に思っている方も多いはず。妊娠中はホルモンバランスの変化によりシミができやすい状態になってしまうため、妊娠中から守りの美白ケアをしてシミ対策を行っていきましょう。

妊娠中にシミができやすい原因って?

そもそも妊娠中にシミができやすい理由は、妊娠するとプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの分泌が増えることで、メラノサイトを刺激してシミの元となるメラニン色素が大量に作られてしまうそうです。そのため、紫外線を大量に浴びていなくてもシミができやすい肌になってしまうと言われています。

さらに、妊娠中はホルモンバランスが急激に変化するので皮脂分泌が過剰になったり、肌荒れしやすくなったりと、肌のバリア機能が低下して刺激を感じやすいのです。

妊娠中にできたシミを改善するには紫外線対策と守りの美白ケアを!

妊娠中にできたシミは、ホルモンバランスが整っていく産後3〜6ヶ月後くらいに徐々に薄くなっていくと言われていますが、ホルモンが原因のシミ以外はなかなか改善するのが難しいようです。

妊娠中や産後は心も肌も不安定になりやすいので、妊娠中、産後の数ヶ月は、紫外線の影響も受けやすい状態に。そのため産後も気を抜かずに紫外線対策を心がけましょう。

肌の真皮層まで到達するというUVA波は、1年中降り注いでいるため、日焼け止め、日傘、帽子などを使って紫外線をシャットダウンしていきます。妊娠中や産後は肌がデリケートなので、敏感肌用の日焼け止めやノンケミカルの日焼け止めを使うといいでしょう。

季節を問わず美白ケアをすることでシミを改善しやすくなりますが、妊娠中や産後は肌のバリア機能が低下して敏感になっているので、美白効果が高い美白化粧品を使うと乾燥やヒリヒリとした刺激を感じてしまうことも。まずは化粧水や乳液を使った保湿ケアを重視して、敏感肌向けの美白美容液をプラスするスキンケアをしていきましょう。低刺激の敏感肌用の美白美容液で、今できているシミを悪化させない守りに入ることをおすすめします。

また、妊娠中や産後は身体や肌の疲労がたまりやすい時期なので、休める時にしっかり休んでおくことも大切ですよ。

妊娠中と産後の数ヶ月は肌に優しい美白ケアを心がけよう

さらに、インナーケアとしてメラニン色素を減らしてくれるビタミンC、ビタミンA、ビタミンEなどの成分を含んだ食材を心がけて食べると効果的です。
バランスの良い食事を心がけて体の中から美白ケアを行いましょう!

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルはスキンケア、フェイスケア。皆様が実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/

関連記事