アイメイクは「まぶた」ではなく「まつ毛」勝負で!

アイメイクは「まぶた」ではなく「まつ毛」勝負で!

まぶたに濃淡をつけることで、目は大きく見えると信じこんでいる人も多いはず。でも、ヘアメイクアップアーティストの長井かおりさんは、そんな私たちの思い込みに気持ちいいくらい「NO!」とダメ出し! 「全力でまつ毛を上げてください」と!
ヘアメイクアップアーティスト 長井かおりさん
化粧品メーカーの人気ビューティアドバイザーとして都内百貨店に勤務後、ヘアメイクアップアーティストに転身。雑誌・広告・映像などの第一線で、モデルや女優のヘアメイクを手がけるかたわら、全国で一般女性向けのメイクレッスン講師としても活動。プチプラからハイブランドまで幅広く紹介し、すぐに取り入れられるテクニックでファン多数。ブログ「おしゃべりメイクボックス」も人気。

そのポイントは3つ

1.ビューラーをする前に、ゴムとフォームをCHECK

2.ビューラーをかけたら、アイランを「打つ」!

3. マスカラの軸を曲げて、ギザギザ&スーッを繰り返す

これらのポイントに沿って、目を最大限に大きく見せるための「まつ毛テクニック」を動画でレクチャーいただくことにしました。今まで雑誌のメイク特集では見ることができなかった、目からウロコの動作で衝撃を受けたら、ぜひ、トライしてください。 今までより確実に、まつ毛がカールし、それだけで目元がナチュラルにパッチリ見えるはず。そうすれば、きっとアイシャドウの呪縛からも解放され、『抜け感』のある目元が手に入るはずです!
取材・文/大森葉子(編集部)

関連記事