もしや「スマホ乳」になってる?小胸筋ほぐしで美バストを取り戻そう♪

もしや「スマホ乳」になってる?小胸筋ほぐしで美バストを取り戻そう♪

スマホやパソコンを日常的に使っていると、つい前かがみの姿勢になりがち。この姿勢が続くと、美バストどころか「垂れ乳」になってしまうってホント!? 現代のライフスタイルの中で、美バストを目指すにはどうすればいいのか、アンチエイジングデザイナーの村木宏衣さんに教えてもらいました。

美バストのカギは、「小胸筋」にあり!

美バストのために大切な筋肉は「小胸筋」。ブラのストラップ付近にある筋肉で、大胸筋の内側にあり、肩甲骨と肋骨に繋がっています。大胸筋はバストを支える効果がありますが、小胸筋の役割は、なんと「引き上げる」こと。
しかし、日常的に前かがみの姿勢になっている女性は、小胸筋が収縮し、引き上げる能力が低下している状態に。これを放置していると、バストの下垂が助長されてしまうのです。まずは「鍛える」と言うより「緩める」ケアがオススメです。

テレビを見ながらでもOK!「小胸筋ゆらゆらほぐし」

まずは小胸筋の場所を確認しておきましょう(写真左赤い矢印部分)。そして横向きで寝た姿勢になり、下になった方の手で反対側の小胸筋あたりを指でひっかけるように押さえます。枕を用意して上側の手を真横に伸ばし、息を吐きながら手のひらをコロコロと前後に転がすようにして身体全体を10カウント揺らします(写真右)。寝る向きを変え、反対側も同様に10カウント揺らします。これを3セット行いましょう。

オフィスでもできる「小胸筋ストレッチ」

壁沿いに立って壁側の腕を真上に伸ばし、さらに壁側の脚を一歩前へ出します。そのままゆっくりと、前に出した脚に体重を移動させます。息を吐きながら10カウント×3セット。ググーッと小胸筋の伸びを感じながら、ほぐしていきましょう。反対側も同様に。

どうしてもスマホやPCの使いすぎで前かがみになってしまった時は、小胸筋が収縮しっぱなしにならないよう、緩めるケアをしてあげましょうね。

お話を伺ったのは...
アンチエイジングデザイナー 村木宏衣さん
美容クリニック・松倉クリニック&メディカルスパを母体とした人気サロン・スタイルMの代表。マッサージなどのエステ手法だけでなく、西洋医学、東洋医学、骨格矯正、身体調整法などあらゆる要素を取り入れ、多角的な独自のメソッドを確立。著書に「顔筋整骨パーフェクトビューティ」(主婦と友社)など。

photo:shutterstock(1枚目)
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事