【動画】アイライナーは、「引く」のではなく「うつ」!

【動画】アイライナーは、「引く」のではなく「うつ」!

ビューラーできちんと上げたまつ毛にカールキープ剤を塗ったら、乾く前にアイラインを! 「ライン、と聞くとキレイなラインを引こうと皆さん苦心されますが、アイラインはまつ毛とまつ毛の間を埋められればOK。
“引く”ではなく“打つ”と考えたほうがイメージしやすいかもしれませんね」と長井さん。まつ毛の下からつつくようにアイライナーを打っていきましょう。ちなみに、ビューラーを先にかけておけば、まつ毛の生え際が見えやすくなるとのことなので、アイメイクの順番は、①アイシャドウ→②ビューラー→③アイライン→マスカラ、が長井流とのこと、です!
ヘアメイクアップアーティスト 長井かおりさん
化粧品メーカーの人気ビューティアドバイザーとして都内百貨店に勤務後、ヘアメイクアップアーティストに転身。雑誌・広告・映像などの第一線で、モデルや女優のヘアメイクを手がけるかたわら、全国で一般女性向けのメイクレッスン講師としても活動。プチプラからハイブランドまで幅広く紹介し、すぐに取り入れられるテクニックでファン多数。ブログ「おしゃべりメイクボックス」も人気。
vol.2 アイラインのテクニック

<使用アイテムはこちら>

「芯が柔らかく、どんな人も使いやすいペンシル。汗や皮脂に強くヨレないのもすばらしい」と長井さん。クリームアイライナー WP(ブラック)0.1g ¥1000(税別)/エテュセ
取材・文/大森葉子(編集部)

関連記事