【今すぐ取りたい眠りジワ!】おすすめの対策と予防をご紹介!

【今すぐ取りたい眠りジワ!】おすすめの対策と予防をご紹介!

朝起きて鏡を見たら…くっきりと眠りジワが! 朝から落ち込んでしまうものですよね。そこで、おすすめの対策をピックアップしてみたので出社前までにどうにかしたい! という女性は、是非参考にしてみてくださいね。

頑固な眠りジワ! おすすめの対策について

なかなか消えない頑固な眠りジワ…!年齢のせい? と思いがちですが、実はむくみや乾燥なども原因としてあげられるそうです。そのことを踏まえた上で具体的な対策についてチェックしていきたいと思います。

【1. 温冷ケア】濡らしたタオルを30秒ほど電子レンジで温めて蒸しタオルを作ったら、シワの部分にしばらくの間あてましょう。その後、冷水洗顔を交互に行います。こうすることで血行が促され、むくみ〜寝ジワに良いと言われています。

【2. パック】暖房などの影響により肌の水分がなくなることで眠りジワができやすくなります。潤いを取り戻すべくパックなどの保湿アイテムを有効活用していきましょう。

【3. ハンドマッサージ】むくみを解消すべくリンパの流れに沿ってハンドマッサージを行いましょう。その際、スチーマーなどの前で実践すると尚高い効果に期待できます。

<POINT>
朝から時間に余裕がある際は、足湯なども大変おすすめです。足を軽く温めるだけでも全身が温まり、血流が良くなるのでよりスムーズにむくみ解消に繋がるそうです。

眠りジワを予防するには?

肌には形状記憶する働きがあるため、毎日のように眠りジワを作ってしまうと一生取れない深いシワになってしまう場合も…!? 若々しい肌を維持するためにも眠りジワの予防方法についてもおさえておきましょう。

【1. 塩分の摂りすぎに注意】水分や塩分の摂りすぎはむくみの大敵であると言われています! 塩分濃度の高いスナック菓子や夜の寝酒は控えるようにしましょう。

【2. 枕カバーの素材を変える】うつ伏せ寝は、顔周りに体重がかかりやすいため眠りジワがつきやすいです。しかし、無意識のうちにとっている体勢を改善するのはなかなか難しいと思いますので摩擦の少ないサテンやシルクを素材とした枕カバーをおすすめします。

【3.コラーゲンの補給】肌の弾力が足りないと寝ジワが治りづらくなるようです。年齢とともに少なくなる成分ですので、コラーゲンを豊富に含む食材やサプリメントを積極的に摂取するようにしましょう。

いかがでしたか? この機会に眠りジワの予防・対策法をマスターして毎日気持ちの良い朝を迎えましょう!

関連記事