高級コスメ顔負け!? 卵殻膜化粧水の作り方や期待できる効果とは?

高級コスメ顔負け!? 卵殻膜化粧水の作り方や期待できる効果とは?

私達の食生活に馴染み深い食材の一つである卵。「卵の殻」の場合、調理後はそのまま廃棄している女性がほとんどかと思いますが、実は卵の殻の内側についている「卵殻膜」には素晴らしい美容効果が期待できることをご存知でしょうか?

卵殻膜に期待できる効果とは?

卵殻膜とは、卵の殻の内側にある薄い膜のことを言います。卵殻膜は人間でいう胎盤のような役割があり、たんぱく質をはじめ、コラーゲンやヒアルロン酸、18種類のアミノ酸といった豊富な栄養素で構成されているため、外部から直接栄養補給せずとも卵の内部でヒナが無事成長することができるそうです。最近、美容業界で少しずつ注目度が高まっている卵殻膜ですが、一体どのような効果に期待できるのでしょうか?

<卵殻膜の効果とは?>
【1. 美肌効果】卵殻膜には繊維芽細胞を活性化させ、美肌に欠かせないⅢ型コラーゲンやプロテオグリカンを増やす働きがあると言われています。

【2. シミを薄くする】卵殻膜にはシミやそばかすを薄くする効果に期待できる「シスチン」が豊富に含まれているそうです。

【3. ニキビ跡の改善】ターンオーバーを促す酵素「MMP2」が増加し、にきび跡や傷を修復する効果に期待できます。

<注意点について>
卵殻膜の栄養分は体内で吸収できないためそのまま食べても意味がないと言われています。摂り過ぎてしまうと消化不良を起こす危険性もありますので十分注意しましょう。

卵殻膜化粧水の作り方について

お財布にも優しい卵殻膜化粧水の作り方についてチェックしていきたいと思います!

<卵殻膜化粧水の作り方>
【材料】
・卵 8〜10個分
・ホワイトリカー or ウォッカ  100ml
・精製水 80ml
・グリセリン 20ml

【作り方】
1. 卵の殻についた汚れを水で綺麗に洗い流します。
2. ボウルに水を張り、卵の殻を半日程漬けます。
3. 卵の殻を割りながら卵殻膜を丁寧に剥がしていきます。
4. 卵殻膜をザルや皿の上にのせてしばらく乾燥させましょう(※乾燥すると半透明だった膜が白く変化します)。
5. ガラス瓶やペットボトルなどの密閉容器にホワイトリカーと卵殻膜を入れ、1〜2週間漬けておきます。
6. 5の液体をこし、精製水とグリセリンをブレンドして完成です!

【POINT】
卵殻膜にはブドウ球菌などの雑菌が繁殖しやすいため、衛生面において十分注意する必要性があります。卵アレルギーの方に限らず、化粧水を使用する前は必ずパッチテストを行うようにしましょう。

女性であれば誰もが憧れる「プルプル卵肌」は、卵で本当に作れるようです!是非ご興味がある方は参考にしてみてくださいね。

関連記事