掃除が苦手な人は要注意!ホコリだらけの部屋で過ごす健康への影響

掃除が苦手な人は要注意!ホコリだらけの部屋で過ごす健康への影響

掃除したばかりなのに、いつの間にか溜まっている部屋のホコリ。拭き取ったり、掃除機でキレイにしたり大変ですよね。なかには面倒だったり、忙しかったりで、なかなか掃除ができない人もいると思います。でもホコリは健康に与える影響が大きいというのです。

ホコリが健康に与える影響とは?

テレビ台や窓ガラスなど、部屋のあらゆるところに溜まってしまうホコリ。掃除をしてもいつの間にかまた溜まってしまう厄介な存在ですよね。そもそも、このホコリの正体は何なのでしょうか?実は部屋で発生するホコリのほとんどは衣服や布団、カーペットの繊維から出る糸くずのほか、ダニやダニのフン、カビの胞子やフケなどと言われています。

ほかにも微粒子の砂ぼこりなどが外から入り込むことがあります。もちろん花粉などが衣服に付着して部屋へ持ち込んでしまうこともあります。

こうしたホコリは、アレルギーを引き起こす原因になりうると考えられています。ホコリ1gの中にはおよそ2,000匹ものダニが生息していると言われ、この大量のダニを含むホコリを吸ってしまうと、体の外へ排除しようと拒否反応を起こします。気管支ぜんそくのほか、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患を引き起こす可能性があるそうです。

ホコリに含まれるカビの胞子は、感染症や食中毒などを引き起こす原因になると考えられています。

ホコリは健康へ大きな影響を与えることがわかりました。では、できるだけホコリを増やさないためにできることは何でしょうか?

ホコリを溜めない!増やさない!

まずホコリの発生源を最小限に留めましょう。衣服はクローゼットにしまい、収納ボックスやカバーなどを上手く使うと良いでしょう。不要なものは処分するなど、できるだけ物を減らすとホコリの発生も抑えられます。

また部屋の換気はとても重要です。締め切った空間は湿気が多くなり、カビが繁殖しやすくなりますので、換気をするように心がけましょう。

アレルギーは原因物質があるとなかなか治りません。鼻炎などの症状を抑えるには掃除をするのが一番の近道と考えられています。定期的な掃除とホコリを出さない工夫で、健康的な毎日を過ごしましょう!

関連記事