あの食べ物も!?妊娠中に避けた方がいい要注意の食べ物とは?

あの食べ物も!?妊娠中に避けた方がいい要注意の食べ物とは?

これまで一人の身体のときは食べても大丈夫だったものが、妊娠中は避けた方がいいものがあります。なかには美容に良い食べ物であっても、母体や赤ちゃんへの健康にとっては良くない食べ物もあるのです。どのような食べ物があるのか見ていきましょう。

妊娠中に避けた方が良いとされる食べ物

妊娠中は母体と胎児への健康を考えて、食べない方が良いとされる食べ物があります。その理由とともに見ていきましょう。

【生の魚介類】
刺身や寿司などの生魚は新鮮なものであれば問題ありませんが、妊娠中は免疫力が低下しているため、普段は大丈夫でも食中毒にかかるリスクが高くなっています。特に牡蠣などの貝類には注意が必要です。できるだけ加熱処理した料理を食べるようにしましょう。

【マグロやメカジキ、金目鯛などの大きい魚】
生態系が上の方にいる大型の魚には水銀が含まれています。胎児は水銀を排出できません。また脳神経障害を引き起こす場合もあるため、大量に食べることは避けた方が良いでしょう。

【昆布】
昆布に含まれているヨウ素は、過剰に摂取すると甲状腺機能の低下を招く恐れがあると言われています。インスタント食品などにも含まれているため摂取量に注意しましょう。

【ひじき】
ひじきは栄養豊富な食材ですが、「無機ヒ素」を多く含むため、過剰摂取には注意しましょう。

【生肉】
加熱処理をしていない生肉は種類問わず、「トキソプラズマ」という寄生虫が付着していることがあります。もしも感染した場合、胎児に先天性障害が生じる可能性がありますので、必ず加熱処理したものを食べるようにしましょう。トキソプラズマは67度以上の加熱で死滅すると言われています。

【生卵】
卵の殻にはサルモネラ菌が付着している場合があるそうで、感染すると食中毒で下痢や嘔吐を引き起こします。下痢は腸管が動いて子宮筋が収縮するため流産のリスクがたかまることが考えられます。加熱処理して食べましょう。

【レバー・うなぎ】
注意すべきはビタミンAです。国立健康・栄養研究所のデータによると「妊娠中にビタミンAを7,800ug/日以上摂取すると、胎児に奇形を起こす可能性が高くなる」とあります。どちらも美容にとっては良い栄養素を含む食材ですが、食べる量には十分注意してください。

【ナチュラルチーズ】
カマンベールチーズやブルーチーズなど加熱殺菌されていないナチュラルチーズは「リステリア」という菌が含まれていて、感染すると流産や早産のリスクが高くなると言われています。

妊娠中は母体と胎児の健康を考えた食べ物を

通常時なら美容や健康に良いとされている食べ物でも、妊娠中は胎児に与える影響は全く別物なのです。母体と胎児にとって大切な食事には人一倍注意していきたいですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事