顔たるみ・下がりを改善できるマッサージがある?速攻リフトアップ術

顔たるみ・下がりを改善できるマッサージがある?速攻リフトアップ術

疲れた日の翌朝や残業中の自分の顔を見て、がっかりしてしまったことありませんか。顔たるみ・顔下がりが気になったとき、顔の印象をリフトアップできる簡単・速攻マッサージ術があるんです。大事な日の前に、ぜひ試してみてはいかがですか。

顔たるみ・顔下がりの一因は頭のコリの可能性が?

加齢に伴う顔たるみ・顔下がりの一因と考えられているのが、実は、頭のコリといわれています。過度のストレスやPC・スマホによる目~脳への刺激など、現代人は、とかく頭がコリやすい状態にあるとされています。

頭が凝ると頭痛を引き起こしたり、頭皮の血流が低下することで血液や栄養が行き渡らなくなったりし、抜け毛・薄毛・白髪などの要因になることもあるそうです。凝って固くなった頭皮は、カチカチに固くなった伸びないゴムのように、頭皮に近い顔の深いしわやたるみ、ほうれい線などにもつながっている可能性があるというから恐ろしい!

ただ、そのカチカチになった頭皮をマッサージでほぐすことで、伸縮性が戻ったゴムのように、お顔にも良い影響をもたらしてくれるといわれています。

顔たるみ・下がりをリフトアップ! 頭皮リンパマッサージ術

1. 耳の周辺にはリンパなどに関するツボがたくさん存在するそう。ピアノを弾くときのような手(上記写真を参照)で、耳の前~耳の下~耳の後ろと耳周辺を1~2周マッサージします。

2. 先ほどの手の形のまま、今度は、その手で髪をブラッシングするようなイメージで頭皮を刺激します。おでこ~後頭部という一定の方向に、顔のたるみを引っ張り上げるようなイメージで、頭全体を手でブラッシングしましょう。そのとき、爪は絶対に立てないで、手の位置を少しずつずらしながら、頭全体を最低でも10回はブラッシングしてください。

3. 鎖骨に沿った部分(鎖骨の上)には、リンパの重要なツボが隠れているそうなので、優しく気持ちいい程度の力で、鎖骨の内側から、肩に向かって指圧しながら指を進めましょう。

4. 最後に腕を曲げた状態で、軽く肩を回して、その周辺のコリや血流を改善させ、肩甲骨までゴリゴリ回すようなイメージで行いましょう。

まずは、頭皮マッサージを右半分だけ行ってみてもよいでしょう。うまくマッサージできていれば、右半分だけ顔が少しリフトアップしていたり、目が大きくなったような印象を実感できたりするとか。早速、試してみてはいかがですか。

関連記事