洗顔後やお風呂上がりに小鼻の角栓が気になる…正しいケアは?

洗顔後やお風呂上がりに小鼻の角栓が気になる…正しいケアは?

洗顔後やお風呂上がりに自分の鼻を見てみると、小鼻の両脇から白い角栓が目立っていたということはありませんか? 普段はあまり気にならないのに洗顔後やお風呂上がりになると気になる小鼻の脇の角栓。原因や対策を見ていきましょう。

小鼻の脇の白っぽいぶつぶつ(角栓)が目立つ原因って?

洗顔後やお風呂上がりなど、水に濡れると鼻の両脇から白いぶつぶつが出てきた経験はありませんか?
この白いぶつぶつは、毛穴のつまりである角栓だと言われています。

角栓は、古い角質が蓄積されたり、皮脂やメイク汚れなどの油分が固まって毛穴をふさいでしまったりすることでできてしまいます。ターンオーバーが正常に行われ、洗顔やピーリングなどでしっかり毛穴汚れを取り除けていれば角栓になることはないのですが、古い角質が溜まったままだと厄介な角栓へと変化してしまうそうなのです。

そして、洗顔後やお風呂上がりに角栓が目立つ理由は、水を吸収することにより角栓がふやけているため。つい触りたくなりますが、ふやけている角栓はとてもデリケートなのでなるべく触らないようにしておきましょう。

気になる鼻の毛穴の角栓をしっかりケアする方法

鼻の白い角栓が出ていると、ピンセットや爪などで取り除きたくなりますが、無理に取り除くと毛穴が開いて余計に目立ってしまいます。毎日コツコツと地道なスキンケアをしていくことがポイントですよ。

まずはクレンジングと洗顔。界面活性剤がたっぷり含まれているクレンジングや洗顔を使うとき、必要な角質まで剥がれてしまい、ターンオーバーが早まると同時に肌のバリア機能が低下してしまいます。できるだけ界面活性剤が含まれていないものを選び、小鼻の脇は特に丁寧に指の腹を使って汚れを落としていきましょう。

洗顔はたっぷりの泡を立て、泡をクッションに見立てるイメージでやさしく洗っていくことが大切です。熱いお湯や冷水ではなく、ぬるま湯でしっかりと洗い流して清潔な柔らかいタオルで水分を取り除きます。

そして角栓には、保湿ケアも欠かせません。低刺激のものや、無添加タイプ、アルコールフリーの化粧水を使って毛穴にも潤いをたっぷり与えてあげましょう。特にビタミンC誘導体は、浸透力や抗酸化力にすぐれており、シミやニキビの予防、美白ケアや毛穴を引き締める効果が期待できるのでおすすめです。

たっぷり化粧水をなじませたら、美容液と乳液を薄く伸ばして、夜はたっぷり睡眠を取りましょう。

無理な角栓ケアは禁物! 丁寧なスキンケアを

日々の洗顔では皮脂汚れを落とすのが難しいので、タンパク質を分解する酵素洗顔をスペシャルケアとして週に1回ほど取り入れるのも効果的ですよ。
角栓を手早く取り除きたいからといって、剥がすパックを使うと角質層まで剥がれて肌のバリア機能が低下してしまい、敏感肌になりやすいのでおすすめできません。

優しいスキンケアで角栓ケアを続けていきましょう!

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/

関連記事