身体の中から若返り!善玉ホルモン「アディポネクチン」を増やす方法

身体の中から若返り!善玉ホルモン「アディポネクチン」を増やす方法

効率良くエイジングケアを実践するには外側からのケアだけでなく、「アディポネクチン」と呼ばれる善玉ホルモンに着目することが大切であると言われています。一体どのような生活習慣を送ればアディポネクチンを増やすことができるのでしょうか?

善玉ホルモン「アディポネクチン」を増やす方法とは?

アディポネクチンとは、脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンの一種です。アディポネクチンが体内に分泌することで真皮におけるヒアルロン酸の合成を促進させるほか、傷ついた血管を修復し、動脈硬化の予防〜肌の弾力を高める効果に期待できます。
また、アディポネクチンを増やすためには普段どのような食べ物を食べるかが最も重要なポイントであると言われています。

<アディポネクチンを増やす食生活とは>
【1. 糖質を控える】
糖質を過剰摂取するとインスリンというホルモンが分泌され、脂肪の合成を促進すると同時にアディポネクチンの産生が減ってしまうと言われています。アディポネクチンを増やすにはまずは、糖質を控えた食生活を実践することをおすすめします。標準的な栄養摂取指針では、糖質の摂取を全体の60%程度にすることが目安ですが、「若返り」を意識した食事内容を取り入れる場合は20〜30%程度に止めておくと良いそうです。

【2. 油の質にこだわる】
油をダイエット中はカロリーが高いため摂ってはいけないと思いがちですが、老化物の代謝やアディポネクチンをはじめとしたホルモンを分泌する材料としても大切な役割を担っているそうです。特にオリーブオイルなどのオメガ9系の油がおすすめです! オメガ9系の油は悪玉のLDLコレステロールを増やし、善玉のHDLコレステロールを増やす効果に期待できます。

<POINT>
アディポネクチンを増やすには「食べる順番」に気をつけることも大切と言われています。ご存知の方も多いと思いますが、ごはんやパンなどの炭水化物から食べてしまうと血糖値が上昇してしまうため、同時にアディポネクチンも増えにくくなります。理想的な順番としては一番はじめに野菜類、次にメインとなる肉や魚、最後に炭水化物を食べるというのがおすすめです。

善玉ホルモン「アディポネクチン」を増やすおすすめのレシピ

アディポネクチンを効率よく増やすおすすめのレシピ「りんごと小松菜のフレッシュジュース」の作り方をご紹介します。りんごにはアディポネクチンと同様の効果を発揮する「オスモチン」が豊富に含まれているほか、りんごの果肉部分に存在する色素「ケルセチン」は、長寿遺伝子を活性化させると言われています。糖質摂取を控えることにも繋がりますので是非朝ごはん〜おやつの代わりとして取り入れてみてください。

【りんごと小松菜のフレッシュジュースの作り方】
<材料>
・りんご 1/2個
・小松菜 1/4束
・無調整豆乳 100ml

<作り方>
1. 小松菜は、5cm幅にカットします。
2. りんごはへた・種を取り除き皮がついたまま一口大にカットします。
3. 全ての材料をミキサーにかけて完成です!

ダイエットにも繋がるアディポネクチンを意識した食事習慣! 若々しいお肌・体型を維持するためにもこの機会に一度実践してみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/

関連記事