透明感は作れる! ターンオーバーを整えるにはどうしたらいいの?

透明感は作れる! ターンオーバーを整えるにはどうしたらいいの?

透明感のある肌を持った女性って憧れますよね。でも透明感のある肌って生まれ持ったものじゃないの? と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、そんなことは決してありません! 透明感のある肌は作れるんです!

透明感のある肌って何が必要なの? ターンオーバーって何?

透明感のある肌と聞くとなんとなく白い肌を想像しますよね? でも白いだけではダメなんです。白くても水分をきちんと含んでいないと透明感は出ません。例えば、大根は白いですが、そのままだと透明感ってないですよね? それを煮て、水分を含むことで透明感が出てきます。
大根と人間の肌はもちろん違いますが、なんとなくイメージはできますよね? 透明感に大事なものは水分です!

しかし、ただ水分が多ければいい、ということではないんです。他に透明感に大事なものとはターンオーバーが正常であること、です!

ターンオーバーとは、角質が入れ替わることです。ターンオーバーは28日周期で行われるとも言われていますが、それは人それぞれです。ターンオーバーが正常に行われず、角質が厚くなりすぎると透明感は出ませんし、薄くなりすぎても肌本来のバリア機能が正常に行われず、炎症を起こしてしまったりします。では、ターンオーバーを正常に整えるのにはどうしたら良いのでしょう?

肌に透明感を作ろう!

ターンオーバーを正常にするには、どうしたらいいのでしょうか? 2つのことをしっかりと行いましょう!

その1 クレンジング、洗顔をしすぎない!
その2 保湿をしっかりとする!

たったこれだけです。クレンジングや洗顔をしすぎて角質を取りすぎてしまっている女性、実は多いんです。ぬるま湯でも汚れのほとんどは落ちます。夜はメイクを落とさなくてはいけませんが、朝は洗顔料を使わないのもいいかもしれません。体を洗う時はタオルなどを使わず、手で優しく洗いましょう。
あとはとにかく保湿です! 特に水分が大事なので、化粧水はしっかりと肌に染み込ませましょう。体もボディクリームだけだとなかなか透明感は出ません。お風呂上がりの体が温かいうちにブースターとしてボディオイルを塗り、その次に化粧水、ボディクリームを塗ると肌に水分がしっかりと浸透し、透明感のある肌に近づけるでしょう。その際、化粧水は顔と同じものでなくていいので、バシャバシャと使えるプチプラの物を体用に用意しておきましょう。

いかがでしたか? 透明感のある肌は日々の心がけと努力次第で手に入れることができるでしょう。

関連記事