シャンプーのあとはどれを使えばいいの? 髪に合わせた選び方を!

シャンプーのあとはどれを使えばいいの? 髪に合わせた選び方を!

シャンプー後、髪の毛を補修したりツヤを与えたりするため、リンスやコンディショナー、トリートメントを使う方が多いはず。リンス、コンディショナー、トリートメント…一見同じように見えますが、自分の髪質に合わせたものを選ぶことが大切なんです。

シャンプー後、リンス・コンディショナー・トリートメントのどれを選べば美髪になれる?

ヘアケアにシャンプーだけだと、きしみや髪の毛の絡まり、パサつきが気になってしまうため、リンスやコンディショナー、トリートメントが欠かせないですよね。ですがドラッグストアやバラエティーショップなどへ行くとずらっと並んだリンス、コンディショナー、トリートメントを見てどれにしようか迷ってしまうはず。
まずはこの3つの違いを知ることで、自分の髪質に合わせたものを選んでいきましょう。

シャンプー後に使うコンディショナー、リンス、トリートメントの違い

どれも同じ役目を果たしてくれるイメージがありますが、それぞれ特徴があります。

まず、コンディショナーは、髪の表面を優しく保護しながら、髪と髪との絡まりやきしみを防いでツヤを出してくれます。リンスと似ている働きがあるのですが、髪表面を保護する力がリンスよりも強いと言われています。

リンスは、シャンプーをしたあとの髪の毛のきしみを予防するために、リンスに含まれた油分により髪の表面をコーティングすることで、髪内部の水分の蒸発を防いでくれます。表面を保護する働きはコンディショナーと同様ですが、リンスはコンディショナーより保護する力が弱めです。

トリートメントは、髪の内部に美容成分や潤い成分が浸透して、コルテックスに栄養を届けることで髪の内側からダメージを補修してくれる働きがあります。するんとまとまる指通りのなめらかな髪になるでしょう。

コンディショナーやリンスは、髪の表面を油分で保護するのが主な役割なので、髪がそこまで傷んでいない方やサラッとしたなめらかな髪を手に入れたい方に。トリートメントは、髪の内部から栄養を届けてダメージ補修をしてくれるので、髪がひどく傷んでいる方やツヤツヤのまとまる髪を手に入れたい方におすすめです。自分の髪質や、なりたい髪に合わせたものを選んでみてくださいね。

シャンプー後の自分に合ったコンディショナー、リンス、トリートメントでツヤ髪に

シャンプーをしたあと、コンディショナーやリンス、トリートメントを付ける際、頭皮につけると毛穴が詰まってしまうので、毛先を中心に優しく馴染ませましょう。
これから空気乾燥がさらに気になってくる季節が来るので、自分にあったアイテムを見つけて念入りなヘアケアをしてみてはいかがでしょうか?

関連記事