お菓子が大好きすぎてやめられない… その原因と対策とは?

お菓子が大好きすぎてやめられない… その原因と対策とは?

お菓子を食べているとき、リラックスできて幸せな気分になりませんか?
ですが、お菓子を食べ過ぎると栄養が偏ったり、肌荒れや体調不良を引き起こしたり、ダイエットを失敗してしまう場合があります。そこでお菓子をやめられない原因と対策をご紹介します。

お菓子をやめたくてもやめられない原因

チョコレートやクッキーなど、甘いお菓子を食べているとリラックスできるのは、お菓子に入っている糖分により脳内でセロトニンという幸せホルモンが増えるからだと言われています。

お菓子がなかなかやめられない人は、知らず知らずのうちにストレスが蓄積されていることや、栄養が偏っていることでお菓子を食べ過ぎてしまうようです。イライラしたときなどの小さいストレスであれば、お菓子を食べれば解消できる場合が多いので、ついお菓子を食べすぎてしまうのかもしれません。

また、不規則な食生活により栄養が偏った状態が続くと、脳が栄養を摂ろうとして食べ物を欲してしまいます。すると目の前にあるお菓子や、調理をせずにすぐ食べられるお菓子に手を出してしまい、なかなかお菓子をやめることが難しくなってしまうというわけなのです。

お菓子を減らしたい、やめたい方のための対策法

お菓子は一日に適量であればなんの問題もありませんが、3食の食事よりもお菓子を食べる量が多いと体調不良や肌荒れ、ダイエットの失敗などになりかねません。

ストレスが原因によりお菓子を食べ過ぎてしまう方は、自分の好きな音楽やヒーリング効果のある音楽を聴いたり、アロマを焚いてみたり、入浴剤などにこだわってバスタイムを楽しんでみたり…と自分流のストレス解消法を見つけておくといいでしょう。お菓子を食べそうになったら、ストレス解消法を行うことで、お菓子を食べたい気持ちが抑えられるはずですよ。

栄養の偏りが原因でお菓子を食べ過ぎてしまう方は、3食バランスよくしっかり食べることを心がけましょう。ごはんやお肉、魚や野菜、大豆製品などを積極的に摂ることでお腹が満たされてお菓子を食べる頻度が減ることでしょう。

どうしてもお菓子を食べたくなってしまったときには、砂糖が入ったお菓子の代用として、りんごやバナナ、みかんなどのフルーツの甘みを利用すると自然と満たされるでしょう。外出しているときには、カバンに入れてさっと食べられるドライフルーツがおすすめですよ。

お菓子は適量を! ヘルシーな食生活で美肌に

お菓子の食べ過ぎを改善できると、自然に肌の調子が良くなったり、便秘を解消できたり、いいことがたくさん待っているでしょう。
きっぱりお菓子を止めようとするとストレスになってしまうので、一日に適量のお菓子を食べつつ、3食バランスのよい食事を心がけてみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/

関連記事