乾燥のせいで背中がかゆい…今から始めておきたい簡単背中ケア

乾燥のせいで背中がかゆい…今から始めておきたい簡単背中ケア

乾燥する季節になると、足や腕だけでなく背中もかゆくなってしまいがち。背中がかゆいと手が届きにくく、かゆみを我慢するのも辛いですよね…。そこで乾燥による背中のかゆみを軽減させる対策方法をご紹介していきます。

そもそもなぜ背中が乾燥するの?

乾燥が原因で背中がかゆくなるのは分かっていても、なぜ背中が乾燥するのかご存知ですか?
背中は皮脂腺の数が少なく、肌の潤いをキープするのが難しいと言われています。背中の面積はとても広く、皮脂だけで潤わせなければならないので、すぐに乾燥しやすいパーツなのです。
それだけではなく、冬の寒さや空気乾燥により血流が悪くなって必要な栄養素が身体の隅々まで行き渡りにくくなり、肌の潤いに欠かせない皮脂が分泌されにくくなってしまうとも言われています。

背中のかゆみ対策は、入浴方法と保湿ケアがポイント!

乾燥による背中のかゆみには、入浴方法と保湿ケアを見直していくことが大切です。まず、入浴するときは、熱すぎない37~40度のお湯に浸かり、長風呂のしすぎにも注意が必要です。熱いお湯に長時間使っていると肌の潤いが逃げてしまい乾燥を悪化させてしまう可能性があるので、15分を目安に入浴するといいでしょう。

背中を洗うときには、たっぷりの弾力泡をタオルにつけて刺激を与えずに優しく洗います。かゆいからと言ってゴシゴシ洗いすぎると肌が傷ついて炎症が起き、さらにかゆみを増してしまう場合があるので優しく丁寧に洗うことがポイントですよ。

お風呂から上がったら、できれば浴室で背中の保湿ケアに取りかかります。背中のかゆみには、炎症を抑える成分が入った化粧水、バリア機能を高める保湿化粧水などがおすすめです。背中は手が届きにくいので、化粧水をスプレーボトルに詰め替えておくとスムーズに保湿することができますよ。仕上げにボディミルクやボディクリームを薄く伸ばして、化粧水の蒸発を防げばお手入れ完了です。

乾燥による背中のかゆみ対策は、入浴と保湿ケアを見直して

寒い時期になると、熱いお湯に長時間浸かっていたくなりますが、乾燥を悪化させてしまう場合があるので37〜40度のお湯に15分ほどを目安に浸かるようにしましょう。
お風呂上がりの肌は急激に乾燥するので、浴室ですぐに保湿ケアに取りかかり、乾燥よる背中のかゆみを改善してあげてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/

関連記事