マドンナの化粧品!? ロナウドの運動機器!? 奇想天外の商品続々、株式会社MTG代表取締役 松下剛さんの口説き術

マドンナの化粧品!? ロナウドの運動機器!? 奇想天外の商品続々、株式会社MTG代表取締役 松下剛さんの口説き術

「etRouge」創刊以来の人気連載をweb版にて再録。化粧品ビジネス、コスメを仕事にした経営者・社長に「etRouge」編集長・麻生 綾がインタビュー。今回のお相手は、大ヒット美容ローラー「リファ」をはじめ、次々に革新的な商品と話題を提供し続けるMTGの松下 剛社長。

「etRouge」創刊以来の人気連載をweb版にて再録。化粧品ビジネス、コスメを仕事にした経営者・社長に「etRouge」編集長・麻生 綾がインタビュー。今回のお相手は、大ヒット美容ローラー「リファ」をはじめ、次々に革新的な商品と話題を提供し続けるMTGの松下 剛社長。

発売当時のリファは「重い、大きい、値段が高い」と総スカン

美容機器をブームでなく、文化として定着させるために。

麻生(以下A)屋台骨の美容ローラー「リファ」シリーズは相変わらず絶好調のようで。勝因はどこにあるのでしょう。

松下さん(以下敬称略)コアにある考え方は、本物であるか否か。それまで美容機器というものは、なんとなく胡散(うさん)臭いと思われていたので、とにかく本物であることを証明しようと。大学や医療関係にも協力してもらい、効果と安全性を徹底追求したのが認められたのではないでしょうか。すべての商品で、日本で一番その分野を研究している人とタッグを組み、第三者機関でエビデンスもとっています。

Aそもそも美容機器でビジネスをしようと思った理由は?

松下コスメは成熟しているけれど機器は、ニーズはあるのにまだまだ未開発ゾーンでしたからね。

Aでもコネクションも知名度もない状態で、いきなり高価な美容機器。マーケットを開拓するのは大変だったのでは?

松下まずは美の発信源である、美容室とエステティックサロンに置かせてもらおうと考えました。でも当時のリファは、重い、大きい、値段が高い、と総スカンでね。1軒1軒回ってなんとか協力店を見つけ、テストマーケティングをさせてもらったら、びっくりするくらい反響が。そこから口コミでどんどん広がりました。

A火がついてからの戦略は?

松下ブームは長く続かないし、「儲かりそう」と流行に乗って上手くいくほど簡単な業界じゃない。私は美容機器を、ブームではなく文化として定着させたかった。そのためには市場を広げる必要があり、間髪いれずシリーズ商品も開発。リファが売れて胡坐(あぐら)をかいていたら、今はなかったでしょうね。

A確かにそこから怒涛の新製品ラッシュ! 炭酸ミストケア「プロージョン」にも、マイクロバブルを発生するシャワーヘッド「オーブル」にも驚かされました。

松下異業種の中にも美容に生かせるものが眠っているんです。MTGにネタ切れはありません。

Aその手があったかと思うようなユニークな商品が多いですよね。開発で意識されていることは?

松下機能を果たすだけの美容家電はつくりません。効果はもちろん、見るだけで心弾む美しいデザインにもこだわっています。

Aジュエリーボックスみたいなパッケージも、もらって嬉しい。

松下とことん追求すると、他が真似しづらくもなるんですよ。

強い情熱と信念を持って、一流の相手と仕事をする。

Aあのマドンナと共同開発した「MDNASKIN」の真相は?

松下マドンナは世界中の誰もが知っている美容のリーダー、ビューティーアイコンです。リファがグラミーのギフトラウンジで公式採用されてから、いつかはマドンナと一緒に、と考えていました。

Aまた壮大な目標を……。

松下(笑)。代理店に相談しても、業界を知っている人ほど「無理!」と。100社以上がオファーをして断られているのに、アジアの、それも無名の会社ですからね。でも、僕は誰もが無理だと思うことにこそチャレンジしたいタイプ。だから単独でルートを探しました。

Aたどり着いちゃうのがすごい。

松下マドンナから絶大な信頼をおかれるビューティースペシャリストのミシェル・ペックに会うことができまして。アメリカから本社に来てもらい、尋常ではない雰囲気の中で商品を見せたところ、空気が一変しました。

Aそこからはトントン拍子?

松下とんでもない。どういう生き方をしているのかと哲学的なヒアリングから始まり、契約までに3~4年かかりましたから。契約してからはもっと大変。マドンナはすべてにおいて一切妥協を許さない人で、要求、要望が高い。僕も会社もかなり鍛えられました。

Aクリスティアーノ・ロナウド選手とも契約し、来日まで。

松下アスレティック・ビューティーを体現するのに彼以上の人はいない。2回断られましたけど(笑)。最終的には製品に興味を持ってくれて。

A大企業でもないのに、一流の人を口説き落とすその力は一体……。

松下何でしょう(笑)。ただ、強い信念と本物の製品開発は、他に負けない自負があります。金メダルは、目指さないと取れないのです。

育ててくれた松下家と五島列島に恩返しをしたい。

A中学生のときから起業すると決めていたとか。何がきっかけで?

松下僕は五島列島の松下家に養子として育ててもらったんです。いわば生かされた命。

Aえええ!そんなドラマが。

松下養子の事実は中学生のときに偶然知り、そのときはショックでした。でも兄たちと差別されたこともなく、貧乏だけど愛があって最高の環境だった。血がつながっていなくても親子になれることがわかったし、今は心の底からよかったと思っているんです。それが僕の原点で、いつか五島に恩返しを、と。

Aその信念は強そう。五島を出て名古屋に向かわれた理由は?

松下日本一の会社は、愛知県にあるトヨタだと聞きまして(笑)。20代は唯一夢だけがあったから、絶対諦めないと言い続けていました。起業したときにこだわったのは、家族のような仲間。今も僕が中2のときに“面接”した仲間が、MTGの一員として活躍中です。

A中2ですでに起業家のマインド!(笑)今も挑戦を続けていますが、不安はないですか?

松下ありますよ、自信や確信と同じくらい。でも、やらないよりはやって失敗するほうがいい。新しいことをやろうとするときって、周囲の雑音は避けられないもの。でも大事なのは、その際の動機が「善」か否か。もし僕自身の損得や好みが優先していたら、MTGは成長しなかったと思います。

Aこの先も驚かされそうですね。

松下期待してください!

本物を追求、一流研究者と共同開発。愛用者にはハリウッドセレブも。

美容好きなら一つは持っているはず!? 2009年に発売したリファに始まり、リファカラットなど計11種の美容ローラー「リファ」は、5年半で累計販売台数300万を突破。アジアを巻き込む人気で生産が追い付かず、模倣品が出回るほど。微弱電流「マイクロカレント」を発生するローラーと、エステティシャンの手技を再現した3Dフォルムが血流を促し、すっきり若々しい肌に。

Photos:Kiyohide Hori Text:Eri Kataoka Edit:Aya Aso

(『etRouge』2015年3月号より)

バックナンバー RMK、SUQQU、THREEの“生みの親” 、株式会社ACRO 石橋 寧さんに迫るニールズヤード レメディーズ代表取締役 梶原建二さんの、破天荒な“梶原商店”経営術「社⻑でいるのと社⻑をやるのは全然違う」ーー自ら陣頭で指揮をとる、株式会社アルビオン 小林章一さんに迫る

関連キーワード

関連記事