元アパレル販売員が教える!ほっそり見せる着痩せコーデの基本とは?

元アパレル販売員が教える!ほっそり見せる着痩せコーデの基本とは?

このアイテムは太ってしまうから…と「着らず嫌い」になってはいませんか? ふんわりした形の洋服でも袖をロールアップしたり、ウエスト部分をブラウジングしたりと着こなし方次第で簡単に着痩せアイテムへと変身させることができるんです!

ほっそり見せる着痩せコーデの基本 <1.全体的なバランスについて>

着痩せして見せるためには、バランスを整えることが重要なポイントです。特に30代以降お肉がつきやすい年齢になってくるとナチュラルスタイルを好む女性が増えてきますが、ボリューム感のあるアイテムが多いだけに着方によっては重く見えてしまう場合も…! 上下のボリューム、シルエットなど全体的なバランスに注意しながらコーディネートしていきましょう。

【着痩せコーデの基本〜全体的なバランスについて〜】
着痩せ効果に期待できる代表的なシルエットの例としてIラインとXラインがあげられます。Iラインとは、長方形のように細く縦に長いシルエットのこと。Xラインは、ウエストをしっかり絞って上下・左右にボリュームを出したシルエットのことです。どちらもすっきりとした着こなしになり、若々しい印象を与えるでしょう。

<「Iライン」おすすめの作り方(コート・シャツワンピースの場合)>
ロングコートやシャツワンピースなどのアイテムは、簡単にIラインを作ることができます。また、ボトムスには細身のパンツもしくはタイトなスカートなどのアイテムを取り入れてあげましょう。できるだけ濃いカラーの面積を増やしてあげるとさらに着痩せ効果を高めることに期待できます。

<「Wライン」おすすめの作り方(ロングスカートの場合)>
体型カバーにも最適なふんわりとしたロングスカートを着用する場合、秋の定番アイテムであるジャケットを着てしまうとジャケットの形や丈によってはボリュームが出すぎてしまい、太って見える可能性があります。トップスには前結びができるブラウスや、鎖骨が見えるVネックのロングスリーブT。アウターを着用する際は短め丈のライダースジャケット(※出来るだけ形がタイトなもの)などのアイテムがおすすめです。

【POINT】
着痩せ効果をUPするには、着用する素材にも少し一工夫しましょう。素材が薄いもの・厚いものを上手く合わせることでメリハリがつき、立体感が生まれやすいです。

ほっそり見せる着痩せコーデの基本 <2.色使いについて>

細く見せるためにと黒や紺など暗い同系色のお洋服ばかりでコーディネートしてはいませんか? 同じカラーでまとめてしまうと逆に太って見える可能性があります。

【ほっそり見せる着痩せコーデの基本〜色使いについて〜】
色使いで細く見せるには色の配分、組み合わせにこだわることが大切です。下半身など自信のない部分は、黒・紺・茶など濃いカラーのアイテムで引き締め、上半身にはホワイト・ベージュ・薄いグレーなどを合わせてメリハリのあるコーディネートを作っていきましょう。

<POINT>
上半身に淡い色を持ってくることに少し抵抗がある場合は、下半身と同系色のストールを首からかけてみましょう。ストールをかけるだけで着痩せコーデの基本である「Iライン」を簡単に作ることができますよ!

大人女子のわがままボディも一瞬で美しいシルエットへ仕上げる着痩せコーデ!是非一度参考にしてみてくださいね。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/

関連記事