手からバレやすい実年齢!10年後に差をつけるおすすめのハンドケア

手からバレやすい実年齢!10年後に差をつけるおすすめのハンドケア

手は身体の中でも特に老けやすいパーツの一つ。顔はメイクで若く見せることができても手を見れば「意外とおばさん…?」と相手にばれてしまう可能性も! 若々しい見た目を維持するべく、手のお手入れも毎日欠かさず実践していきましょう。

10年後に差をつける! おすすめのハンドケアについて

年齢を隠しにくいパーツである手! みなさんは普段どのように行っていますか? シンプルにハンドクリームを塗るという方法もありますが、ほんの一手間加えてあげるだけでまるでハンドモデル級の美しい手に変身することができるそうですよ。

1.【ハンドクリーム+◯◯】特に乾燥しやすい秋〜冬の季節には、ハンドクリームの前に化粧水を塗ることをおすすめします。外出先でもお手入れできるよう事前にスプレータイプのボトルに詰め替えておくと良いでしょう。また、ハンドクリームは手の甲にのせて手の甲同士を合わせてすり込むように塗ります。こうすることで手のひらがべたつくことなくしっかり手の甲に美容成分が浸透されるそうです。

2.【ハンドソープの質にこだわる】普段から手が荒れやすい方は顔や体を洗っても肌荒れしないような優しい成分を配合したハンドソープを使用するようにしましょう。ノンシリコン・無添加タイプのアロマシャンプーが自宅にある場合は、そちらをハンドソープ代わりに使用してもOKです。

3.【ハンドパック】手も顔と同じように週に1〜2回を目安にパックを行うようにしましょう。やり方は化粧水をたっぷり浸したティッシュを手の甲にのせ、ビニール袋を手にかぶせて10〜15分置くだけです。

<POINT>
上記のケアを行うと同時に指のうぶ毛ケアも忘れず実践していきましょう。特に気にならない場合はカミソリで処理しても構いませんが、最近では肌への負担が少ない脱毛石鹸や指毛専用の除毛リムーバーなども販売されていますのでそういったアイテムを有効活用していくと良いでしょう。

【ハンドケア】美肌〜疲労回復にも繋がるハンドマッサージのやり方

最後に、美肌だけでなく疲労回復にも繋がるおすすめのハンドマッサージをご紹介します。

【ハンドマッサージのやり方】
1. ココナッツオイルもしくはホホバオイル等の天然オイルを手首から爪先にかけてしっかり塗ります。
2. 右手首を左手の親指、人差し指で挟むようにほぐしていきます。
3. 右手の甲、右手のひらを2と同じように左手の親指、人差し指で挟むようにほぐしていきます。
4. 右手の指を一本ずつ付け根から爪先にかけて左手の親指、人差し指でじっくりとほぐしていきます(※爪先をほぐす際は爪の両脇を挟みながら弾くように引っ張りましょう)。
5. 右手の指の付け根の間を左手の親指、人差し指でほぐしていきます。
6. 左手も2〜5と同様にマッサージをします。

<POINT>
マッサージの仕上げにハンドクリームをたっぷり塗り、そのまま手袋をつけて就寝することをおすすめします。翌朝のプルルンとした仕上がりに感動することでしょう!

いかがでしたか?毎日続けることが最も重要なポイントですので是非習慣化してみてくださいね。

関連記事