放置すると「梅干しおばあちゃん」に!? 鼻の下の乾燥を治す方法

放置すると「梅干しおばあちゃん」に!? 鼻の下の乾燥を治す方法

見た目年齢を老けさせる要因として、ほうれい線や目の下のシワなどがありますが、鼻の下も注意すべきパーツの一つです。放置してしまうと縦線が増え始め、まるでおばあちゃんのような「梅干しジワ」になってしまうと言われているんです!

鼻の下の乾燥を治す方法について

鼻の下の乾燥の主な原因は「手で触る」「こする」など肌への刺激によるものと言われています。どうしても気になり、無理やり爪で乾燥部分を剥がそうとすると悪化し、同時に鼻の下のシワも増えやすくなるそうです。「触りすぎない」ということを基本に正しいケア方法を実践していきましょう。

1.【リップクリームを塗る】リップクリームは保湿効果が非常に高いことから唇だけでなく、頑固な鼻の下の乾燥にも良いと言われています。

2.【ラップパック】スペシャルケアとしてラップパックもおすすめです。やり方はとても簡単!ホホバオイルなどの天然オイルを鼻の下に塗り、ラップをのせたらその上から蒸しタオルで温めるだけです。乾燥がひどい場合は、3〜4日間程続けて実践しましょう。

3.【濡れマスク】普通のマスクをつけるだけでも鼻の下の乾燥を外部の冷たい空気・雑菌から守ることができますが、濡れマスクを使用することで更に高い保湿効果に期待できます。

<濡れマスクの作り方>マスクの上部1/3を折り、折った部分のみ水スプレーします。紐部分や直接口に当たる部分を濡らさないよう注意しましょう。

【POINT】
ティッシュの質感にこだわることも大切です。特に風邪をひいて鼻水が止まらない時にゴワゴワのかたいティッシュを使うのはNG! 肌への負担が少ない柔らかいティッシュを携帯するようにしましょう。

気になる鼻の下の乾燥…! メイクする時の注意点は?

鼻の下が乾燥している場合、メイクをしないことが何よりの対策ですが、仕事やデートが控えているとそうもいきませんよね。そんな時に使えるメイクの裏技・注意点についてレクチャーしていきたいと思います。

【〜鼻の下の乾燥〜メイクをする時の注意点】
メイク前、普段よりも化粧水・乳液をたっぷり塗って保湿を入念に行いましょう。保湿が足りないままファンデーションを塗ってしまうと鼻の下のカサカサが余計に目立ってしまうので注意が必要でしょう。ファンデーションを塗った後も軽く保湿クリームを上から指でポンポンと馴染ませると尚良いそうです(※鼻の下のみ)。日中もすぐ保湿できるようミスト状の化粧水を持ち歩くことをおすすめします。

いかがでしたか? 女性であれば誰しも気になるパーツと思いますので乾燥が悪化する前に普段からしっかりケアを行うよう心がけましょう。

関連記事