秋こそお肌のターンオーバーを!夏の紫外線ダメージ回復法をご紹介

秋こそお肌のターンオーバーを!夏の紫外線ダメージ回復法をご紹介

暑い夏が終わって、めっきり涼しくなった秋。この時期になると夏にお肌が受けた紫外線のダメージが現れはじめます。夏のツケは秋にうちに対処するのがベストです。適切にケアして冬や、さらにその先の春までキレイなお肌を保ちたいですよね。

秋のお肌ケアの重要性とは?

海にプール、思いっきり楽しんだ夏。思い出は残しても、シミやシワを残したくはないですよね。夏に受けたお肌へのダメージは、この秋にに出てくると言われています。

増殖されたメラニンがシミの予備軍となり、お肌は角質を厚くしてゴワゴワになることがあります。お肌のターンオーバーはおよそ1ヶ月サイクルです。そのため夏の間に目立った肌トラブルがなくても、秋になるとシミやシワ、たるみなどが現れると考えられています。

特に秋は気温の変化や日中と夜間の寒暖差も大きいため、お肌のケアも人一倍注意しなければならない季節です。夏の間に受けた紫外線や汗でお肌の水分は奪われ、秋はインナードライになりやすく、いまのうちに回復させなければ、もっと乾燥する冬にはボロボロになってしまうかもしれません。

秋のお肌ケアはどうすればいいの?

では、実際のお肌ケアの方法をご紹介していきましょう。

【保湿でお肌の潤いを】
秋は乾燥が始まる季節でもあります。大切なお肌ケアとして保湿は欠かせません。ヒアルロン酸をたっぷり含んだシートマスクや化粧水で潤いを与えましょう。

【角質ケア】
お肌のターンオーバーにより、古い角質は自然と剥がれていきますが、夏の紫外線のダメージは、そのサイクルをも乱れさせます。古い角質が残ることでお肌は厚みを増し、くすみやごわつくと言われています。大切なのは洗顔。そしてピーリングも化粧水などの浸透力が変わってくるので効果的です。

【肌代謝をアップ】
外側のケアも大切ですが、内側のケアもとても重要です。毎日の食事のなかで、いかにお肌に必要な栄養素を摂取できるかは今後のお肌を左右するでしょう。皮膚を作り出すタンパク質はもちろん、ターンオーバーを促すビタミンB群、さらに活性酸素を除去したり、メラニンの生成を抑えたりするビタミンCも重要です。

10月でも紫外線が強い日はありますので、UVケアも怠らないよう注意してください。秋のお肌ケアで、ハリとツヤのあるお肌を取り戻しましょう!

関連記事