朝風呂は健康に悪いってホント?朝と夜のお風呂はこんなにも違った!

朝風呂は健康に悪いってホント?朝と夜のお風呂はこんなにも違った!

仕事が終わった一日の終わり。お風呂に入って疲れた身体をリラックスさせるのは、ごく当たり前のことですよね。ただ、なかには朝お風呂に入るという人もいると思います。朝と夜、お風呂はどちらに入ると良いのか比べてみましょう。

朝と夜、お風呂の効果はどう違う?

夜、一日の終わりにお風呂に入ってから眠る。というのは一般的な生活リズムですが、休日はゆっくり朝風呂に入る、という人もいるでしょう。

入浴で温まってリラックスした身体は、清潔にするのは言わずもがな、睡眠を促すという意味でも、夜のお風呂は効果的と言えるでしょう。

では全く真逆の時間帯に入る朝のお風呂は、私たちの健康や美容にどのような影響を与えるのでしょうか?

朝風呂のメリットとは?

朝風呂のメリットは何でしょうか。

寝ている間はリラックス作用をコントロールする副交感神経が働いているため、起きたての体は休みモードから、徐々に活動的な交感神経が働き始めます。

そのため起きたての脳や体はボーッとしがちですが、朝風呂に入ると体温が上がって血行が良くなるので、交感神経のスイッチが切り替えやすくななると言われています。そのため、すぐに活動できる状態にすることができるのです。

また朝風呂はダイエット効果も期待できます。体温が上がって汗をかくことで、1日を代謝の良い状態で過ごすことができると言われています。老廃物の排出もスムーズに行えるため、むくみ解消にもつながるそうです。

朝風呂のデメリットとは?

お風呂を朝だけにした場合は、さまざまなデメリットがあります。

なかでも睡眠の質の低下は大きいです。入浴は冷えを解消して血行を良くします。さらに脳や体の疲れを取り除くことも期待できるため、就寝前のお風呂は睡眠の質を高めてくれるのです。

また、髪の毛を洗わずに寝ると、頭皮の細胞の入れ替えがスムーズに行われず抜け毛につながる恐れがあります。寝起きの状態は毛穴が開いていることもあり、熱いお湯が頭皮へのダメージにもつながるそうです。

汚れたまま寝るのは、もちろんお肌への影響もあります。皮脂の汚れを落とさずに寝るとお肌のターンオーバーを妨げてしまい、乾燥やニキビの原因にもなりかねないのです。

朝風呂にはメリットとデメリットがありますが、うまく使い分けて1日を過ごしていきましょう。

関連記事