さつまいも好きは美人が多い?抜群の栄養価で内側から美しく!

さつまいも好きは美人が多い?抜群の栄養価で内側から美しく!

秋の味覚の代表格「さつまいも」。その栄養価の高さは折り紙付きで、美容効果が期待できる食材として知られています。蒸したり、焼いたり、さつまいもにはおいしい食べ方がたくさんありますが、実はダイエット効果も期待できる食材なんです。

さつまいもの栄養と美容効果

香ばしい焼き芋が食べたくなるこの季節。さつまいもはビタミンCやビタミンEのほか、ミネラルが豊富で栄養価の高い食材として知られています。ほかにもカロチンや銅、さらには葉酸やカルシウム、パントテン酸なども含んでいて、美容にも強い味方なんです。

さつまいものさまざまな栄養素のなかでも、突出しているのがビタミンC。りんごのおよそ10倍ものビタミンCが含まれていると言われていて、メラニンの生成を抑えるなど、しみやシワの回復効果、さらに抗酸化作用の働きからお肌の若返りが期待できます。

またビタミンCは体内の粘膜を強くし、体の免疫力を上げる働きがあるため、風邪予防にも適しているそうです。

さらにさつまいもの効果で注目したいのが便秘解消です。豊富な食物繊維はもちろん、特に「ヤラピン」という成分が食物繊維とともに便通を促進、腸の働きを活発にしてくれるので、便秘解消が期待できるのです。

このヤラピンは特に皮部分に豊富に含まれています。料理に使用するときは、皮ごと使うことををおすすめします。

さつまいものダイエット効果

さつまいもは炭水化物です。同じ炭水化物のご飯やパンと比べてもカロリーが低いそうです。そのため、ご飯と置き換えた「さつまいもダイエット」などもありますが、もちろん普段のメニューに加えるだけでもダイエット効果は期待できるのです。

さつまいもは密度が濃いため、腹持ちや満腹感によって食事量を減らせることができるのだそう。さらに甘みもあるので、他の甘いものを食べたくなることは少なくなるでしょう。

ただし、焼き芋にしたときは注意が必要です。というのも、さつまいもは蒸したときよりも焼いたときの方が甘くなるのです。同時にカロリーも上がるため食べ過ぎには気をつけましょう。

摂取の目安は1日1本程度。さつまいもの栄養で、内側から美しくなりましょう!

関連記事